トイレつまり修理|高圧ポンプで押し流し解決!【熊本県上益城郡の事例】

トイレつまり修理|高圧ポンプで押し流し解決!【熊本県上益城郡の事例】

今回は、熊本県上益城郡甲佐町糸田にお住まいのお客様より

『トイレがつまってしまったので、修理に来てもらえますか?』

というご依頼をいただきました。

『この記事は、トイレで詰まりが発生したお客様の施工事例をご紹介します。』

状況|汚水が流れていかない

早速、つまりが発生しているトイレを拝見させていただきました。

便器内に汚水が溜まり、水が引いていかない状況。

お客様に詳しくお話を伺ってみると、

『普段通り使ってたつもりなんですけどね…急に詰まっちゃって。』

という事でした。

『今回つまりが発生したトイレは、10年ほどご使用になられているそうです。』

原因|トイレットペーパーの流しすぎ

トイレつまりの原因を特定するため、10分ほどお時間をいただき丁寧に点検を行わせていただきました。

点検を行いお客様のお話を伺った結果、トイレットペーパーの塊が便器奥から排水管にかけて詰まっていると判断。

経年により汚れが蓄積し狭くなってしまった排水管に、トイレットペーパーが詰まってしまい排水路を塞いでいる状態でした。

『人間の血管と同じで、排水管も使用年数が長くなるにつれ詰まりやすくなっていきます。』

作業内容|高圧ポンプで押し流し

トイレつまりを解消させるため、高圧ポンプでトイレットペーパーを押し流す作業を行わせていただく事に。

詰まったトイレ

排水が全く行われなくなった便器に、高圧ポンプを押し当て圧をかけていきました。

 

こちらの動画のような作業を行って、無事通管。

 

修理後

排水管の途中にトイレットペーパーが残ってしまわないよう、しっかりと水を流し込み、排水テストを行って作業は全て完了です。

『つまっていたトイレットペーパーを押し流した事で、つまりは無事に解消されました。』

注意点|トイレットペーパーは一度に沢山流さない

トイレには、当然トイレットペーパーと排泄物は流してもOKです。

基本的にトイレットペーパーは水にほぐれやすい性質ですが、一度に大量に流すとトイレつまりの原因になってしまう事も。

ダブルのトイレットペーパーであれば、半ロールを一気に流すと簡単に詰まってしまいます。

用を足した時だけではなく、

・トイレットペーパを使ってトイレ掃除をした

・床にこぼした物をトイレットペーパで拭き取った

など、トイレットペーパを沢山使用してしまった際は、一度に流すのではなく複数回に別けて流すようにしておくと安心です。

『特に海外製のトイレットペーパーは水にほぐれにくいため、少量ずつ流すのがオススメですよ。』

熊本水道救急の担当より一言

お客様からご連絡をいただき、待機していた私がすぐに向かい40分で到着。

点検、説明、高圧ポンプでの押し流し作業全て含め、施工時間は20分ほど。

お客様にお話をお伺いすると、最近海外製のトイレットペーパーを使い始めたと仰っていましたので、少しずつ流すようお伝えし作業を完了いたしました。

水のトラブルは『熊本水道救急』にお任せください

トイレ・キッチン・お風呂など、水周りのトラブルは熊本水道救急にお任せください。  

24時間365日対応! お電話一本で駆けつけます!

 

お電話口で『ブログを見た。』と言っていただけますと、今なら3,000円オフとなります。お見積りにご満足いただけなかった場合、1円も頂きません。