井戸ポンプから水が出ない|新しい深井戸ポンプに交換し解決!【福岡県久留米市の事例】

井戸ポンプから水が出ない|新しい深井戸ポンプに交換し解決!【福岡県久留米市の事例】

今回は、福岡県久留米市大善寺町にお住まいのお客様より

『井戸ポンプから水が出なくなったんですけど、見積もりお願いしても良いですか?』

というご依頼をいただきました。

『この記事では、井戸ポンプで不具合が発生したお客様の施工事例をご紹介します。』

状況|家中の水が出ない

早速、不具合が発生している状況を確認させていただきました。

深井戸用給水ポンプをご使用で、トイレ、キッチン、浴室など、家屋内にある水道設備から水が出なくなっている状況。

お客様から詳しくお話を伺ってみると、

『最近水圧が弱くなったように感じていたんですけど、今日になって急に出なくなってね。』

という事でした。

『今回のお客様のお宅では、生活用水の全てを井戸水で賄っていると仰っていました。』

原因|モーターの経年劣化

井戸水が汲み上げられなくなった原因を特定するため、15分ほどお時間をいただき丁寧に点検を行わせていただきました。

点検を行った結果、モーター部分が経年劣化により空回りしている事が判明。

モーター部分が劣化した事が原因で、上手く井戸水を汲み上げられない状態になっていました。

『モーターは井戸ポンプの心臓部で、空回りしている状態が続くと焼け付いてしまうケースもあります。』

作業内容|新しい井戸ポンプと交換

今回不具合が発生した井戸ポンプは、モーター部分も含めポンプ全体で劣化が進んでいる状態。

そのため、井戸ポンプ本体の交換をお客様にご提案。

ご予算なども含めご相談させていただいた上でご了承をいただけましたので、新しい井戸ポンプと交換する作業を行わせていただく事になりました。

劣化した井戸ポンプ

まずは、劣化が進んだ井戸ポンプを撤去。

今回は、深井戸ポンプですのでジェット部分も併せて交換する必要があるため、ジェットと配管も全て引き抜きました。

 

新しい井戸ポンプ

そして、新しいジェットと配管を挿管し、新しい井戸ポンプ本体を設置。

配管部分には保温材をしっかり巻き付け、動作確認、通水テスト、水漏れ有無確認を行い作業は全て完了です。

『井戸ポンプ本体が新しくなった事で、無事に水が汲み上げられるようになりました。』

注意点|1〜3年に1回は業者による点検を

井戸ポンプは安価な物では無いため、できるだけ不具合なく長く使用していきたいですよね。

また、生活用水全てを井戸水で賄っているお宅の場合、井戸ポンプが壊れてしまうと断水された状態になります。

不具合なく井戸ポンプを長く使用するために大切なのが、業者による定期点検です。

1〜3年に1回の頻度で点検を受けておくのが理想的。

点検を依頼するのは、我々水道業者やご使用中の井戸ポンプメーカーなどです。

井戸ポンプメーカーに点検を依頼すれば無料というわけではなく、基本的に出張費及び作業代金などが別途発生します。

万が一パーツ類に劣化や破損など点検で見つかった場合、井戸ポンプ本体の保証期間内であれば保証で修理をしてもらえるケースもありますので、詳細については各メーカーにお問い合わせください。

『簡単なパーツ交換などであれば、水道業者の方が安く済むケースもありますので状況に応じて依頼先を選ぶと良いですよ。』

福岡水道救急の担当より一言

お客様からご連絡をいただき、待機していた私がすぐに向かい30分で到着。

点検、説明、深井戸ポンプ交換作業全て含め、施工時間は3時間ほどでした。

即日対応ができたため、お客様から『助かりました!』というお言葉をいただきました。

水のトラブルは『福岡水道救急』にお任せください

トイレ・キッチン・お風呂など、水周りのトラブルは福岡水道救急にお任せください。

24時間365日対応! お電話一本で駆けつけます! 0120-012-599に電話を掛ける

お電話口で『ブログを見た。』と言っていただけますと、今なら3,000円オフとなります。お見積りにご満足いただけなかった場合、1円も頂きません。