トイレのつまり|原因不明!高圧ポンプ(圧力作業)で解消した現場【久留米市の事例】

福岡県久留米市津福にお住まいのお客様よりトイレのつまりでご依頼頂きました。

トイレのつまりでご連絡頂く事は多くありますが、『原因がわからない』という内容も少なくありません。

ここでは、トイレつまりの『原因がわからない』方の状況や原因、作業内容と注意点をまとめました。

(追記・更新:2021.2.4)

状況|突然トイレがつまってしまった

到着しお客様にお話を伺ってみると、突然トイレがつまってしまい流れなくなったとの事でした。

このようなトイレのトラブルは初めてとの事で、戸惑っていらっしゃるご様子。

お客様ご自身でスッポンを使い、トイレつまりを解消させようと試みたそうですが、それでも効果がなく、我々にご連絡をくださったようです。

トイレつまりの原因|不明・・・状況から判断する事に

便器に水が溜まっている

トイレを拝見すると、便器の奥に何かがつまっている状態でした。

このような時に考えられる原因は

  • 一度に流したトイレットペーパーの量が多すぎた
  • 排水管に汚れが蓄積してしまった
  • トイレットペーパー以外の物を流してしまった

大きくわけると、この3つ。

お客様に確認すると、トイレットペーパー以外の物は流していないとの事でした。

お客様に、状況の確認や前後の行動など、お心当たりなどは必ず確認します。

少し細かいかもしれませんが、ご家族の構成をお伺いします。もちろんペットもご家族です。いらっしゃいませんか?などもお伺いします。

理由は、お問い合わせ頂いた方が把握して無くとも『異物を落とす可能性は無いか?』という確認をするためです。

小さなお子様がいらっしゃる場合は、オモチャや食べ物、ペットがいる場合も同様です。

さらに、猫を飼っていたりすると『トイレに流せる砂』などをご利用されてる場合があります。

お客様にとっては『普通に使っていた』かもしれませんが、専門業者から見れば『普通ではありません』という見解。

詳しい内容はコチラ👇にまとめています。(クリックすると別ページへ移動します)

流せるお掃除シート・おしりふき・猫砂はトイレつまりの原因!【つまり事例あり】

作業内容|高圧ポンプで作業

今回はこのような高圧ポンプを使用して、つまりを押し流す事にしました。

万が一トイレットペーパー以外の異物を流してしまった場合は、高圧ポンプを使用すると、さらに奥に押し込んでしまう危険があるので、トイレの便器を外して異物を取り出す作業を行う必要があります。

つまったトイレに手を入れ、異物が無いか確認を行います。外回りの排水状況の確認や、便器周りの他の部分からの水漏れが無いかなどなど『作業を行わず無料点検の範囲内』で念入りに状況を把握。

今回は異物が原因ではないと判断。高圧ポンプの水圧でトイレのつまりを押し流すご提案・作業をさせて頂きました。

トイレつまりの注意点|原因が解らない場合

外側からの点検・目視での確認とうで、原因を推測します。

お医者様をイメージして頂くと解りやすいかもしれません。

病院に行っても、状況や症状が出た時期の確認などされますよね?思いつく限りで良いので、お客様の事を教えて頂けると的確に対処できるのでご協力頂けると嬉しいです。

長年、トイレのつまりの専門業者としてお仕事をさせて頂いているので、お客様の正確なご報告と念入りな点検で、的確に処置を行わせて頂きます。

福岡水道救急スタッフより一言

お客様から、すぐに来てくれて、あっという間に直してくれて本当にありがとうというお言葉をいただき、こちらのほうがとても嬉しい気持ちになりました。

無事につまりが解消し、これまで通り普通にお使いいただける状態に。

『普通に使っている状態でトイレがつまる』という場合、トイレが詰まりやすい状況にあります。

考えられる原因や、メンテナンス方法などをご案内し無事に作業終了とさせて頂きました。

各ご家庭の状況により、アドバイスやメンテナンス方法など異なりますので、トイレの流れが気になる方は一度お問い合わせください。

読んで頂きありがとう御座いました。

お電話を頂いて現場へ到着した時間:30分

施工時間:50分

水のトラブルは『福岡水道救急』にお任せください

トイレ・キッチン・お風呂など、水周りのトラブルは福岡水道救急にお任せください。

24時間365日対応! お電話一本で駆けつけます! 0120-554-912に電話を掛ける

お電話口で『ブログを見た。』と言っていただけますと、今なら3,000円オフとなります。 お見積りにご満足いただけなかった場合、1円も頂きません。