汚物流しつまり修理|高圧洗浄機でつまりを洗浄し解決!【福岡県久留米市の事例】

汚物流しつまり修理|高圧洗浄機でつまりを洗浄し解決!【福岡県久留米市の事例】

今回は、福岡県久留米市宮ノ陣町の施設様より

『汚物流しがつまって使えないので、修理をお願いします。』

というご依頼をいただきました。

『今回は、汚物流しがつまったお客様の状況、原因、作業内容、注意点をまとめました。』

状況|水を流すと汚水が溢れそうになる

早速、詰まりが発生している汚物流しを拝見させていただきました。

汚物流しって何?

老人ホームや保育園などの施設で使用されている、オムツやオマルの排泄物を流すための設備です。見た目は洋式トイレに似ていますが、便座がありません。

普通のトイレより排水管が太いのが特徴です。

汚物流しに水を流すと、便器内の水位が正常時よりも上がってきて汚水が溢れそうになる状況。

お客様から詳しくお話を伺ってみると、

『昨日までは普通に使えていたんですけど、今朝急に詰まってしまって。』

という事でした。

『ラバーカップ(すっぽん)を使ってみたそうですが、つまりは取れなかったと仰っていました。』

原因|トイレットペーパーと排泄物が詰まった

汚物流しがつまった原因を特定するため、15分ほどお時間をいただき丁寧に点検を行わせていただきました。

汚物流し

点検を行いお客様にお話を伺った結果、便器奥の排水管部分にトイレットペーパーや排泄物が詰まっていると判断。

その影響で、正常に排水が行えなくなっていました。

『トイレットペーパーや排泄物は流してもOKな物ですが、一度に大量に流したりすると詰まる事があります。』

作業内容|高圧洗浄機で洗浄

汚物流しのつまりを解消させるため、高圧洗浄機を使用し詰まっているものを洗い流す作業を行う事にしました。

便器を取り外している

まずは、便器部分を撤去。

 

高圧洗浄

高圧洗浄機を使用し、強力な水圧で粉砕しながら詰まっているものを徹底的に洗浄いたしました。

 

詰まり解消

便器を元に戻し、排水テストを行ったら作業は全て完了です。

『詰まっていた物を取り除いた事で、無事につまりは解消されました。』

注意点|一度に流す量に気をつけよう

汚物流しは、通常のトイレと比較すると排水管が太めではありますが、一度に大量の汚物やトイレットペーパーを流しても良いというわけではありません。

沢山の量をまとめて流すと、当然つまりが発生してしまいます。

また、服用している薬の影響で排泄物の粘度が高くなる事がありますので、そのような場合は特に注意が必要。

固くて大きい排泄物や、粘度の高い排泄物は、小分けにして流したりするなどの工夫をする事で、つまり防止になります。

TOTO製の汚物流しは、1度に流しても良いトイレットペーパーの目安量が、およそ10mまでとなっています。

汚物流しの説明

TOTO汚物流し説明書より引用

『一度に流しきれなかった場合は、完全に流れるまで水を流してみてくださいね。』

福岡水道救急の担当より一言

お客様からご連絡をいただき、しっかりと準備を整えすぐに向かい40分で到着。

施工時間は、点検、説明、洗浄作業全て含め2時間でした。

汚物流しが使用できないととても不便との事で、即日で対応してもらえて良かったというお言葉をいただきました。

帰りに栄養ドリンクの差し入れをいただき、とても嬉しかったです。

ありがとうございました♪

水のトラブルは『福岡水道救急』にお任せください

トイレ・キッチン・お風呂など、水周りのトラブルは福岡水道救急にお任せください。

24時間365日対応! お電話一本で駆けつけます! 0120-554-912に電話を掛ける

お電話口で『ブログを見た。』と言っていただけますと、今なら3,000円オフとなります。 お見積りにご満足いただけなかった場合、1円も頂きません。