トイレからチョロチョロ音がする|タンク内部パーツを交換して解決!【大分県国東市の事例】

トイレからチョロチョロ音がする|タンク内部パーツを交換して解決!【大分県国東市の事例】

今回は、大分県国東市安岐町中園にお住まいのお客様より

『トイレでチョロチョロ音がしているんですけど、見に来て貰えませんか?』

というご依頼をいただきました。

『この記事では、トイレで水漏れが発生したお客様の状況、原因、作業内容、注意点をまとめました。』

状況|トイレからチョロチョロという音がしている

早速、不具合が発生しているトイレを拝見させていただきました。

私が到着してトイレを拝見させていただくと、レバーを回していない状態にも関わらずチョロチョロと水の流れる音がしている状況。

お客様から詳しくお話を伺ってみると、

『3日くらい前から、急にチョロチョロ音が聞こえてくるようになって…』

という事でした。

『現在ご使用のトイレは、18年ほど前からご使用と仰っていました。』

原因|ボールタップの劣化

チョロチョロと音がする原因を特定するため、10分ほどお時間をいただき丁寧に点検を行わせていただきました。

点検を行った結果、トイレタンク内部にある”ボールタップ”というパーツが、経年により劣化している事が判明。

ボールタップとは?

給水管と繋がっていて、タンクへの給水や止水をコントロールしているパーツ。

今回は、ボールタップの劣化が原因で、タンク内に過剰に給水。

過剰に給水された水が、オーバーフロー管から便器内に漏れ出しチョロチョロと音が発生している状態でした。

『便器内への水漏れで、最も多い原因がボールタップの劣化です。』

作業内容|新しいボールタップに交換

水漏れを改善させるため、劣化したボールタップを新しい物と交換させていただく事に。

劣化したボールタップ

まずは、経年により劣化したボールタップを撤去。

 

ボールタップを取り付けている

そして、新しいボールタップを取り付けました。

今回取り付けさせていただいたボールタップは浮き玉なしタイプで、給水が終わるとピタッと水が止まるため、無駄に水が出続ける事がありません。

動作確認、通水テスト、水漏れ有無確認をしっかり行い、作業は全て完了です。

『ボールタップが新しくなった事で、水漏れは無事に解消されました。』

注意点|チョロチョロ音は水漏れのサイン

トイレを流した後、『あれ?いつもよりチョロチョロ流れる音が長い気が…?』といった症状が出ていたら、それは水漏れのサインかもしれません。

レバーを回していないのに、便器内に溜まっている水(封水)の水面が揺れていたり、チョロチョロ音がしている時は水漏れしている可能性大。

基本的に水漏れは放置すればするほど、どんどん悪化していきます。

トイレタンク内部パーツが破損し水漏れが発生すると、他のパーツにまで負荷がかかり故障箇所が増えてしまうケースも少なくありません。

そのため、少しでも『あれ?』といった異変を感じたら早めに対処する事が大切になります。

『ちょっとしたサインを見逃さず、業者にお気軽にご相談ください。』

大分水道救急の担当より一言

今回は、お客様のご都合のよろしい日にお伺いしました。

点検、説明、ボールタップ交換作業全て含め、施工時間は50分ほど。

原因が分かり無事に修理でき、お客様からは『良かったー、安心しました!』というお言葉をいただきました。

水のトラブルは『大分水道救急』にお任せください

トイレ・キッチン・お風呂など、水周りのトラブルは大分水道救急にお任せください。  

24時間365日対応! お電話一本で駆けつけます!

 

お電話口で『ブログを見た。』と言っていただけますと、今なら3,000円オフとなります。お見積りにご満足いただけなかった場合、1円も頂きません。