水道水漏れ|劣化したコマパッキンを交換し解決!【大分県杵築市の事例】

水道水漏れ|劣化したコマパッキンを交換し解決!【大分県杵築市の事例】

今回は、大分県杵築市八坂にお住まいのお客様より

『庭にある水道から水漏れしているんですけど、修理お願いできますか?』

というご依頼をいただきました。

『この記事では、水道から水漏れが発生したお客様の施工事例をご紹介します。』

状況|吐水口からポタポタ水が漏れている

早速、水漏れが発生している水道を拝見させていただきました。

単水栓をご使用で、ハンドルは閉められた状態ですが吐水口からポタポタ水が漏れている状況。

お客様から詳しくお話を伺ってみると、

『半年くらい前から強く閉めないと水が止まらなくなって、3日前から全く止まらなくなってしまったんです。』

という事でした。

『今回水漏れが発生した水栓は30年ほど前に設置した物で、このようなトラブルは初めてだと仰っていました。』

原因|コマパッキンの劣化

水漏れの原因を特定するため、10分ほどお時間をいただき丁寧に点検を行わせていただきました。

点検を行った結果、水栓内部のコマパッキンというパーツが劣化している事が判明。

コマパッキンとは?

ハンドルと連動し上下運動をするパーツで、上に上がると通水路が開かれ、下がると隙間が閉じられ止水。

コマのような形をしていて、ゴム製のパッキンが付いています。

『コマパッキンが劣化した事が原因で、通水路に隙間が生じ水が止められない状態になっていました。』

作業内容|新しいコマパッキンと交換

屋外水栓の吐水口からポタポタ水が漏れる症状を解消させるため、劣化したコマパッキンを新しい物と交換する作業を行わせていただく事に。

屋外水栓

水道蛇口を分解し、劣化したコマパッキンを撤去。

そして、新しいコマパッキンを取り付け、ハンドルを元に戻し通水テスト、水漏れの有無を確認し作業は全て完了です。

『コマパッキンが新しくなった事で、水漏れは無事に解消されました。』

注意点|蛇口を閉める時の力加減はどのくらい?

蛇口を閉める時、ついついギュッと力を込めて閉めてしまっていませんか?

また、ハンドルレバーを強く押し付けるように閉めていませんか?

水道蛇口内部には、複数のゴムパッキンが使用されています。

ゴムの柔軟性を利用する事によって、通水路をピタっと閉める事が可能となります。

水が止まるまでハンドルを閉めても、まだ遊びがありさらに回す事ができますよね?

水が止まった後もさらに回す事ができるのは、ゴムの柔らかさがあるため。

本来は、水が止まるところまでハンドルを閉めればOK。

しかし、さらにギュッと閉めたりする行為を続けていると、ゴムがどんどん摩耗していき劣化し水漏れするようになってしまいます。

ハンドルの閉める強さは【水が止まればそれでOK】と覚えておいてください。

『ついつい蛇口を強く閉めてしまうクセがある方は、少し意識して優しく閉めるようにしてみてください。』

大分水道救急の担当より一言

今回は、お客様のご都合のよろしい日にお伺いしました。

点検、説明、コマパッキン交換作業全て含め、施工時間は30分ほどでした。

無事に水漏れが解消し、お客様に喜んでいただく事ができました。

水のトラブルは『大分水道救急』にお任せください

トイレ・キッチン・お風呂など、水周りのトラブルは大分水道救急にお任せください。  

24時間365日対応! お電話一本で駆けつけます!

 

お電話口で『ブログを見た。』と言っていただけますと、今なら3,000円オフとなります。お見積りにご満足いただけなかった場合、1円も頂きません。