お風呂水漏れ修理|新しい水栓と交換し解決!【大分県豊後大野市の事例】

お風呂水漏れ修理|新しい水栓と交換し解決!【大分県豊後大野市の事例】

今回は、大分県豊後大野市三重町市場にお住まいのお客様より

『お風呂の蛇口から水が漏れているので、修理をお願いします。』

というご依頼をいただきました。

『この記事では、浴室水栓から水漏れが発生したお客様の施工事例をご紹介していきます。』

状況|ハンドル下部から水が漏れている

早速、水漏れが発生している浴室水栓を拝見させていただきました。

壁付きツーハンドル混合水栓をご使用です。

ハンドルを閉めている状態でも、水側のハンドル下部から水がジワジワ漏れ出てきている状況。

お客様から詳しくお話を伺ってみると、

『半年くらい前からたまに水が漏れてたんですけど、最近は止まらなくなってしまって。』

という事でした。

『水漏れが発生した水栓は、30年近くご使用になられているそうです。』

原因|スピンドルの劣化

水漏れの原因を特定するため、10分ほどお時間をいただき丁寧に点検を行わせていただきました。

点検を行った結果、水栓全体の劣化がかなり進んでいる事と、その中でもハンドル内部パーツの”スピンドル”というパーツが激しく劣化している事が判明。

スピンドル

スピンドルとは?

蛇口ハンドルと連動しスピンドルが上下に動き、上に上がる事で通水路を開いて吐水。

逆にスピンドルが下に下がる事で通水路を閉じ止水する働きをしています。

スピンドルが劣化し通水路をきちんと閉じる事ができなくなった事が原因で、水漏れが発生していました。

『スピンドルは金属製のネジのような形状で、経年とともにネジ山が摩耗してしまいます。』

作業内容|新しい水栓に交換

水漏れを解消させるためには、劣化したスピンドルを交換するか、水栓本体を交換するか2つの選択肢があります。

水栓内部

しかし、スピンドルを取り外した水栓内部にもサビなどが付着し摩耗が進んでいたため、新しい水栓と交換するのが最善と判断。

ご予算なども含めお客様とご相談した上で、新しい水栓と交換する作業を行わせていただく事になりました。

新しい水栓

劣化し水漏れが発生していた水栓を撤去し、新しい水栓を設置。

水栓が新しくなった事で、問題だった水漏れは無事に解消されました。

『通水テストと水漏れ有無確認をしっかり行って、作業は全て完了です。』

注意点|蛇口の寿命は10年

ご家族の人数や使用頻度などでも異なりますが、水栓の耐用年数は10年前後で、10年を過ぎるとトラブルが発生しやすくなってきます。

基本的に水道設備に使用されている部品(補修用性能部品))は、生産終了から10年経つと部品の供給も終了するため、故障した部品だけを入手する事が難しくなるケースも少なくありません。

また、10年を超えた水栓で漏水などのトラブルが発生した場合、水栓全体で劣化が進んでいる事が考えられます。

そのため、不具合が発生する度に修理を行うよりも、新しい水栓に交換してしまったほうがトータル的に費用や時間を抑えられる場合もあります。

『状態によっては修理で対応できるケースももちろんありますので、トラブルが発生したらお気軽に業者にご相談ください。』

大分水道救急の担当より一言

お客様からご連絡をいただき、即日対応で1時間半で到着。

点検、説明、水栓交換作業全て含め、施工時間は1時間ほど。

30年ぶりに新しくなった水栓に、喜んでいただく事ができました。

弊社で交換した水栓は保証付きですので、万が一トラブルが発生した場合も安心です♪

水のトラブルは『大分水道救急』にお任せください

トイレ・キッチン・お風呂など、水周りのトラブルは大分水道救急にお任せください。  

24時間365日対応! お電話一本で駆けつけます!

 

お電話口で『ブログを見た。』と言っていただけますと、今なら3,000円オフとなります。お見積りにご満足いただけなかった場合、1円も頂きません。