水道故障|水道が故障してしまった!原因は何?【熊本市中央区の事例】

水道故障|水道が故障してしまった!原因は何?

今回は、熊本市中央区にお住まいのお客様より、

『洗面台の水道が故障してしまったみたいで水が止まらなくなってしまったんですけど、できればすぐに来ていただけますか…?』

というご依頼をいただきました。

『この記事では、洗面台の蛇口がレバーを閉めても水が止まらなくなってしまったお客様の施工事例をご紹介しています。』

状況|水道蛇口レバーを閉めても水が止まらない

早速、故障してしまった水道を拝見させていただきました。

故障してしまった水道は洗面台の蛇口で、レバーを閉めても水が細く出続けて止まらない状態になっていました。

さらに、お客様から詳しくお話を伺うと

『半年前くらいから、蛇口のレバーが硬くなってきて力任せに閉めたりしてたんですけど、今日になって急に水が止まらなくなってしまったんです。』

との事でした。

洗面台の蛇口

『もしも水道が故障して水が止まらなくなってしまった時などは、止水栓を閉めて我々プロにご相談ください。止水栓は洗面台の場合、洗面台下の配管部分に設置してある事がほとんどです。』

原因|バルブが経年劣化

今回の洗面台の水道の故障の原因を特定するために、10分ほどお時間をいただいて丁寧に点検を行わせていただきました。

点検を行った結果、水道蛇口内にあるバルブというパーツが、経年劣化して機能していない事が判明。

バルブは、出てくる水の量や温度を調節する役割をしていて、蛇口の心臓部とも言われているほど重要なパーツになります。

バルブカートリッジ

バルブはこのように、蛇口の内部にあります。

『今回のお客様はこちらの水道を20年ほどご使用との事でしたので、バルブの寿命で故障してしまったようです。』

作業内容|新しいバルブに交換

今回の洗面代の水道の故障の原因になっていた経年劣化してしまった蛇口内のバルブを、新しいバルブと交換する作業を行わせていただきました。

バルブ

こちらの新しいバルブを取り付けさせていただきました。

 

洗面台の蛇口

蛇口を元に戻し、作業は完了いたしました。

『これで、これまで通りに洗面台の水道をお使いいただけるようになりました。』

水道が故障してしまった時の注意点とは?

今回のお客様は、洗面台の水道の故障でのご依頼でしたが、水回りのものは施工から10年前後で不具合やトラブルが発生し始めます。

水

水が止まらなくなってしまったり、水漏れしてしまっている場合は応急処置として止水栓を閉めるようにしてください。

『止水栓は、洗面台だけではなく、キッチン、トイレ、浴室の水栓など、水回りの物には全て設置してありますので一度確認しておくと良いですよ。』

お客様の感想(評判・評価)

水が止まらなくなってしまって慌てたのですが、電話口でテキパキと指示していただけて、さらにはすぐに駆けつけてくださり助かりました。

修理もあっという間だったので、熊本水道救急さんに依頼してよかったです。

ありがとうございました。

熊本水道救急の担当者から一言

お客様からご連絡をいただいてから、しっかりと準備を整えてすぐに向かい30分ほどで到着いたしました。

施工時間は、点検、説明、新しいバルブの取り付け作業など全て含めて50分ほどで完了。

東バイパスが空いている時間帯だったので、予定より早めにお客様のお宅に到着する事ができてよかったです。

水のトラブルは『熊本水道救急』にお任せください

トイレ・キッチン・お風呂など、水周りのトラブルは熊本水道救急にお任せください。  

24時間365日対応! お電話一本で駆けつけます!

  お電話口で『ブログを見た。』と言っていただけますと、今なら3,000円オフとなります。 お見積りにご満足いただけなかった場合、1円も頂きません。