トイレつまり修理|!トイレットペーパーの芯を流した!【久留米市櫛原の事例】

今回は、福岡県久留米市櫛原にお住まいのお客様より

『トイレを詰まらせてしまったので、すぐに来てください。』

というご依頼をいただきました。

『この記事では、トイレにトイレットペーパーの芯を詰まらせてしまったお客様の施工事例をご紹介します。』

状況と原因|トイレットペーパーの芯を流した

つまりが発生したトイレを、早速拝見させていただきました。

トイレ

便器内に溜まっている水(封水)の水位が、通常より少し上がっている状況。

お客様から詳しくお話を伺ってみると、

『間違って、トイレットペーパーの芯をトイレに流してしまったんです。』

という事で、それ以上トイレを流すのが怖くて、すぐにご連絡をくださったそうです。

『異物を流してしまった時は、レバーを回さないですぐに業者に依頼するのが鉄則です。』

作業内容|便器を取り外しトイレットペーパーの芯を撤去

トイレットペーパーの芯

誤って流してしまったトイレットペーパーを取り除くため、便器を取り外す事にしました。

固形物を流してしまった場合は、物理的に取り除かなければいけないので、便器を取り外す必要があります。

便器を取り外した

便器を取り外しました。

 

ソケット

今回は、このソケットの奥部分にトイレットペーパーの芯が詰まっていたので取り除きました。

(ついつい作業に夢中になってしまい、写真を撮り忘れました…)

 

便器

便器を元に戻し、排水テストと水漏れ有無の確認をして作業は全て完了です。

『トイレットペーパーの芯を取り除き、詰まりは無事に解消されました。』

トイレットペーパーが詰まったらスッポンが有効

実は、トイレには何でも流せると思っている方がいらっしゃいます。

(え?と思われた方は普通の方ですね(笑)水道屋をしていると、本当に色々な物を流す方がいらっしゃいます…)

『普通にトイレを使っただけなのに、詰まってしまった!』

というご依頼をいただき詳しくお話を伺ってみると、1回のトイレで使用するトイレットペーパーの量が、1ロールの1/3の方だった…という事例もあります。

(”普通”という感覚は、人それぞれのため難しいですよね。)

その他に、『普通に生理用品を流す。』というような方もいらっしゃいます。

トイレットペーパー

トイレは基本的に、トイレットペーパーと排泄物のみが流せる設計になっています。

ちなみに、トイレットペーパーの平均使用量は3.0m弱。

トイレットペーパーは水にほぐれやすい性質のため、万が一詰まってしまっても、スッポン使用で解消できるケースも多くあります。

『スッポンを使っても解消されない場合は、早めに私達プロにご相談ください。』

トイレットペーパーの芯や固形物を流した時の対処法

トイレットペーパーの芯は、トイレットペーパーと違い水にほぐれる性質ではありません。

トイレットペーパーの芯

そのため、誤って流してしまった場合は物理的に取り除く必要があります。

便器の中に誤って落としてしまった場合は、『汚いから流してしまえっ!』と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、レバーは絶対に回さないでください。

トイレットペーパーの芯だけに関わらず、水に溶けにくい固形物の場合は水に浸されても形が変わる事がありません。

便器奥に詰まる程度であれば、便器を取り外す程度で取り除く事が可能です。

しかし、何度もレバーを回し水を流すと排水管の途中に引っかかったり、浄化槽に詰まったりしてしまうケースも。

排水管や浄化槽に詰まってしまうと、かなり大掛かりな工事が必要になる事もあり、そうなると当然費用も高額になってしまいます。

そのため、トイレットペーパー以外の異物がつまってしまった時は、ご家庭にあるスッポンの使用は絶対にNG。

私たち専門業者が使う、このような高圧ポンプも使えません。

これは、スッポンや高圧ポンプを使用すると、異物をさらに奥へと押し込む事になるからです。

トイレットペーパーや異物を落としたら、レバーを回さず必ず拾うようにしてください。

ゴム手袋や袋を手にはめたり、火ばさみなどを使って取ると良いですよ。

便器に異物を落として誤ってレバーを回してしまった場合は、ゴム手袋をはめるなどして、便器の奥に手を突っ込んでみましょう。

注意ポイント

手を入れる時はゆっくりと入れて、無理はしないようにしてください。

便器内の汚水には大腸菌などが含まれていますので、ゴム手袋は長めの物がオススメ。

『自分で取りたくても取れなかった場合は、業者にご相談ください。』

福岡水道救急の担当者から一言

お客様からご連絡をいただき、しっかりと準備を整えすぐに向かい1時間で到着。

点検、説明、水栓交換作業全て含め、施工時間は1時間ほどでした。

異物がつまってしまった場合は、今回のように便器を取り外すのが一番確実な方法です。

また、詰まりをスッポン(ラバーカップ)で解消しようとする方もいらっしゃいますが、詰まらせたものによっては状態が悪化してしまう場合もあります。

迷った時、便器の取り外しの必要性を感じた場合など、一般の方ではかなり難しい作業となりますので、私達専門業者にご連絡くださいね。

福岡水道救急の博多支店より久留米に向かいましたので、少しお待たせしてしまいましたがお客様には『早かったね』と言って頂きホッとしました。

水のトラブルは『福岡水道救急』にお任せください

トイレ・キッチン・お風呂など、水周りのトラブルは福岡水道救急にお任せください。

24時間365日対応! お電話一本で駆けつけます! 0120-012-599に電話を掛ける

お電話口で『ブログを見た。』と言っていただけますと、今なら3,000円オフとなります。お見積りにご満足いただけなかった場合、1円も頂きません。