トイレつまり|スッポンがない!家にある道具で解消する【動画・画像付】

トイレつまりは、ある日突然発生してしまいます。

いつトイレが詰まってもOK!(常に準備万端!)とはいきませんよね。

ラバーカップ(すっぽん)などの、トイレ詰まり解消専用道具を常備していない方も多いのではないでしょうか?

そこで、道具が無くてもトイレつまりを解消させる方法8選を、動画&画像付きでご紹介します。

※よりリアルな【トイレつまり解消のYouTube動画】を厳選添付させていただきました。

トイレに流せそうで流せない

  • 箱ティッシュ
  • ウェットティッシュ
  • トイレの芯
  • 生理用品
  • ペットトイレ(猫砂など)
  • お掃除シートや流せるトイレブラシなど

上記の物がつまってしまったケースでは対処法が異なりますので要注意。

あくまで排泄物・トイレットペーパーがトイレに詰まった場合のみ!

 

 

『この記事でご紹介する対処法は、”トイレに流せるもの(排泄物・トイレットペーパー)しか流していないのに詰まった”というケースにのみ有効です。』

(投稿:2020/06/21)

(追記:2022/06/05)

トイレの詰まり|放置してみる

トイレがつまってしまったけど…”暫く放置して様子を見てみる”というのも解消方法の1つです。

うんちが詰まったトイレ

トイレットペーパーは水にほぐれやすい性質。

ですが、大きな塊にして流すと暫く詰まってしまう事も。

つまってしまっても暫く放置しておくだけで、塊になったトイレットペーパーが吸水しほぐれて詰まりが解消する場合があります。

トイレットペーパー同様、排泄物も水分を含む事により次第にふやけていきます。

そのため、トイレットペーパー+排泄物がつまってしまった場合は、暫く放置してから流してみてください。

放置する時間の目安は、1時間〜次の排泄をするまで。

(※私の排泄物は固すぎて排水口にすら入らず、割りばしでサポートするも半日放置で流れました。)

2度目~3度目と利用する度に詰まりを起こす場合は、詰まりやすい状況になっていますので、賃貸の方の場合は管理会社へご相談ください。

 

 

『自宅を所有している方は、一度プロに相談・診断してもらうのがオススメです。』

トイレの詰まり|お湯を注いで解消

放置しても駄目な場合に試してみていただきたいのが、お湯を使って排泄物やトイレットペーパーを溶かしていく解消法です。

やかん

準備する物

・50度程度のお湯

・やかんやバケツなどお湯を入れる容器

やり方はとても簡単で、こちらの動画のように便器内にお湯を注ぐだけ。

便座から50〜80cm程度の高さから注ぐのがポイント。

お湯を注いだ後は30分ほど放置し、ゆっくりレバーを回し水を数回流してみてください。

高い所から注がれた水圧と、お湯の効果でトイレにつまっていた物が流れればOKです。

注意ポイント

熱いお湯の方が高い効果を得られると感じるかもしれませんが、トイレに熱湯を注ぐと便器が割れたり破損してしまう恐れがありますので、必ず50度程度のお湯を注ぐようにしてください。

また、お湯を注ぐ際は跳ね返りに注意しながら行ってください。

 

『1度で解消しない場合は、数回繰り返してみるのもオススメです。』

トイレの詰まり|ペットボトルで解消

ご家庭でも簡単に手に入れやすい、”ペットボトル”を使用してのトイレつまり解消法です。

ペットボトル

ペットボトルを使用した解消法は、簡易ラバーカップ(スッポン)とイメージしていただければ良いかと思います。

ペットボトルはゴム製ではないため、ラバーカップほどの吸引力はありませんが、排水口から詰まっている物に力を加えるという点ではスッポンと同じ原理。

使用するペットボトルの大きさが、排水口の大きさに近いとより高い効果を発揮します。

この方法は、トイレの排水口部分に上部をカットしたペットボトルを押し当て、上下運動させ水圧をかける事で奥で詰まっている物を動かして詰まりを解消させます。

準備する物

・1.0〜2.0リットルのペットボトル

・はさみ(または、カッター)

・ゴム手袋など

ペットボトルを切る

ペットボトルの上部(または下部)をハサミでカットし使用。

※怪我をしないよう注意して切ってください。

そして、こちらの動画のようにペットボトルのカットした部分を排水口に押し当て、上下に動かしていき詰まりを解消させます。

 

 

『便器内の水には大腸菌などが含まれていますので、ゴム手袋などを着用し行うのがオススメです。』

トイレの詰まり|ラップを使って解消

続いてご紹介するのは、食品用ラップを使用したトイレつまり解消法です。

ラップ

食品用ラップで便器上部を覆い密閉する事で、便器内を真空状態にする事が可能となります。

便器内を真空状態にする事で排水口部分に空気圧がかかり、排水管内の水を引っ張り詰まっている物を動かして詰まりを解消させる方法です。

準備する物

・食品用ラップ(幅の長い物が◎)

・ガムテープ(必要に応じて)

業務用ラップであれば便器上部をすっぽりと覆えるサイズの物もありますが、一般家庭にはなかなか常備されていませんよね。

一般的な大きさのラップでも、引っ張りながら張っていけば十分に密閉できますのでご安心ください。

惜しまずに沢山使用するのがオススメです。

こちらの動画のように、ラップ(必要に応じてガムテープも併用)で真空状態を作って詰まりを解消していきます。

なんと応援したくなる動画でしょう・・・

『トイレが詰まった』というタイトルだけで、なんと500万回再生を超えています(素晴らしっ)

便器の上部ではなく、便座の上にラップを張ってしまうと密閉されません。

便座にラップを貼っている

便座の上に貼るのはNG

(間違えませんか?私は便座に張りましたが・・・間違えませんね。そうですね。)

便座を上げて便器部分を隙間なく丁寧にラップして下さい。

動画の様に水が溢れてくる可能性もありますので、レバーをゆっくり回し様子を見ながら水を流すようにしましょう。

 

 

『耐水性のない床の場合床が傷む恐れがありますので、水が溢れてしまう場合は他の解消方法を試してみてください。』

トイレの詰まり|ビニール袋とタオルを使って解消

ペットボトル作戦と同じ原理で、ビニール袋とタオルを上下運動させ水圧でトイレの詰まりを動かす(溶かす)解消方法です。

タオルとビニール袋

準備する物

・タオル(フェイスタオルサイズ)

・ビニール袋(できるだけ大きい方が◎)

タオルを握りこぶし大に結んで、ビニール袋で覆います。

そして、ビニール袋を被せたタオルの拳団子を排水口に押し当て上下運動させます。

タオルの結び目の大きさや力の入れやすさによって、排水口に掛かる力が変わってくるためコツが必要になります。

こちらの動画では、【タオル&ビニール袋】と【ペットボトル】を使ったトイレつまり解消法が紹介されています。

この2つの解消方法は同じ原理ですので、自宅にある物で揃えやすい方を選択して行えば良いかと思います。

また、ビニール袋とゴム手袋で『ご自身の手でチャレンジされる方』もいらっしゃいました。

この方法は動画内でもあるように、トイレに手を突っ込む事に抵抗がある方はメンタル面でハードルが高い方法ではありますが、ビニール袋さえあれば簡単に挑戦できる上、指先の動きも含めると改善の確率は格段に上がります。

 

『ビニール袋やタオルはどのご家庭でも揃えやすいため、緊急の際は試す価値ありですよ。』

トイレの詰まり|ハンガー(ワイヤー)を使って解消

ワイヤーハンガーを伸ばして、詰まった固形物にアクセス(ツンツンツン)する解消方法です。

ハンガー

針金ハンガーとも言われていますが、クリーニング屋さんから貰うハンガーが針金タイプの場合などはそちらをご使用になってみてください。

クリーニング屋さんから貰うハンガーは、適度に柔らかく曲げやすいためオススメです。

最近の100円ショップで販売されているハンガーは、ありがたくも強度が高くなり女性の力で曲げるためには力が必要になります。

※昔100円ショップで購入した針金ハンガーは素手で簡単に曲げられました。

ハンガーを曲げる際は、先の尖った部分を曲げたりしますので怪我には十分注意し行ってください。

準備する物

・ワイヤーハンガー

・ペンチ(女性やお年寄りなど力が弱い方用)

針金ハンガーを分解、またはペンチなどでカットして排水口に沿うように折り曲げ使用。

こちらの動画のように、排水口奥で詰まっているトイレットペーパーの塊や、大きな排泄物をハンガーでツンツンと突つきほぐしていき詰まりを解消させます。

 

『あまり強引に突つくと便器に傷を入れてしまうので、様子を見ながら行ってください。』

トイレの詰まり|重曹やクエン酸(お酢)で解消

重曹(アルカリ性)とクエン酸(酸性)により、トイレに詰まっている物を中和分解させる方法です。

クエン酸と重曹

重曹とクエン酸を混ぜると科学反応が起こり二酸化炭素(泡)が発生。

その泡で力を加え、トイレに詰まっている物を溶かすとも言われています。

他のつまり解消法と比較すると”トイレつまりを解消する力は弱い”かと思います。

準備する物

・重曹

・クエン酸(または酢)

・お湯

より詳しい解消法はコチラの記事で紹介しています↓

『重曹とクエン酸』が、『家にあるもの』という概念がない方(私)

トイレつまりを解消させるためだけに、重曹とクエン酸を購入するのであれば

・同じ金額で購入できる=ペットボトルやハンガー

・より効果を得たい=ラバーカップ(すっぽん)

の方が効果的ではないかな?と思います。

私の場合”重曹+クエン酸”では、トイレつまりは上手く解消させる事はできませんでしたが、掃除用として大活躍しています。

洗面所・キッチン廻りで大活躍しました。
(最高!クエン酸!万歳!重曹)

 

 

『軽度のつまりで、ご家庭に重曹とクエン酸が常備されている場合は試してみる価値はありです。』

トイレの詰まり|【番外編】ラバーカップ(すっぽん)で解消

ラバーカップをお持ちで無い方も多くいらっしゃるかと思いますが、日中であれば簡単に購入可能。

価格も高価な物ではありません。

『家にある物で』という括りからは外れてしまいますが、手軽に購入できるという事で【番外編】として掲載いたしました。

こちらの動画の方は100円ショップでご購入されたようです。(羨ましい!)

100円ショップ以外では、ネットショップ、ホームセンター、ドラッグストアなどで数百円から購入可能で、2,000円もあればお好きな物を購入できるかと思います。

より詳しい内容はコチラの記事でご紹介しています↓

一般的なラバーカップは、ゴムの部分と排水口を密着させた上で引き上げないといけないため、ちょっとしたコツが必要になります。

これまでラバーカップを使用した事がなく、上手くやる自信が無いという方は加圧タイプのラバーカップの方が簡単に扱えるのでオススメです。

 

『”家にある物で詰まり解消を頑張ってみたけど、ダメだった…”という方には、やはりラバーカップがオススメです。』

トイレの詰まり家にあるもので解決!まとめ

トイレつまりを自宅にある物を使って解消できれば、当然ですが業者を呼ぶより費用を抑える事ができます。

費用面だけではなく、”他人にトイレを見せずに済む”という点も大きいかもしれませんね。

トイレつまりは昼夜問わず発生するため、お店の開いていない早朝や深夜であるケースも。

”専門知識や技術を持った”プロの業者に、時間を問わず来て貰うというのは決して安価ではありません。

しかし、業者に依頼するのは【トイレつまりに、貴重な時間を費やさずに済む】というメリットがあります。

・極力お金をかけずにトイレつまり解消法を色々試してみた後に!

・忙しくて自分でやる時間が無い。

・原因が分からないからプロに確認して欲しい。

などといった状況の方は、遠慮する事なく専門業者にご相談ください。

(通常、問合せ・見積もりは無料です)

また、トイレットペーパーを多く使ってる気がする・・・という方は、日本トイレットペーパー協会の、トイレットペーパー平均使用量などをご一読ください。

【1回のトイレでのトイレットペーパー平均使用量は 男性3.15m、女性3.52m(小は1.45m)】

男性が1回のトイレ(大便)で使うトイレットペーパーの長さは平均3.15m、女性の大便では平均3.52m、小便では平均1.45m。
男女ともに、1回のトイレ(大便)で使うトイレットペーパーの長さは3mを超えるという結果でした。

引用元:一般社団法人 日本トイレ協会

ご参考になると幸いです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA