トイレ水漏れ修理|ボールタップを交換し解決!【大分県別府市の事例】

トイレ水漏れ修理|ボールタップを交換し解決!【大分県別府市の事例】

今回は、大分県別府市鉄輪にお住まいのお客様より

『トイレで水漏れしているみたいなので、修理お願いできますか?』

というご依頼をいただきました。

『この記事では、トイレで水漏れが発生したお客様の施工事例をご紹介します。』

状況|便器内の水面がずっと揺れている

早速、不具合が発生しているトイレを拝見させていただきました。

レバーは回していない状態ですが、便器に溜まっている水面が揺れていて、タンクから便器内へ少量の水が漏れている状況。

お客様に詳しくお話を伺ってみると、

『先週くらいから、ずっとこの状態で…おかしいなと思ったので見ていただきたくて。』

という事でした。

『今回水漏れが発生したトイレは、25年ほどご使用の物だと仰っていました。』

原因|ボールタップの劣化

水漏れの原因を特定するため、10分ほどお時間をいただき丁寧に点検を行わせていただきました。

点検を行った結果、ボールタップというパーツが劣化している事が判明。

ボールタップはトイレの給水管と繋がっていて、タンク内への給水や止水をコントロールしているパーツです。

今回の水漏れはボールタップが経年劣化した事で、止水が上手く行われず常時給水されている状態になっていました。

『オーバーフローした水が便器内に流れ込み、便器内の水面が揺れる症状が出ていました。』

作業内容|ボールタップと給水管を交換

タンクから便器への水漏れを解消させるため、劣化していたボールタップを新しい物と交換させていただく事に。

トイレタンクの中

まずは、劣化し水漏れの原因になっていたボールタップを撤去。

 

修理後

ボールタップを新しい物と交換し、それに伴い劣化が進んでいた給水管も、お客様とご相談の上交換させていただきました。

通水テスト、動作確認、水漏れ有無確認を行い、作業は全て完了です。

『ボールタップが新しくなった事で、水漏れによる便器内水面の揺れも無事解消されました。』

注意点|便器内の水面が揺れていたら水漏れのサイン

トイレタンク内には、様々なパーツが取り付けられています。

タンク内に設置されているパーツは、経年により当然劣化が進んでいきます。

タンクから便器内へ水が漏れる原因で多いのが、”ボールタップ”の劣化と”フロートゴム玉”の劣化。

ボールタップは先述した通り、タンクへの給水を担っているパーツです。

そして、フロートゴム玉はトイレタンク底部分に設置されている、タンクの蓋の役割をしているパーツで、レバーを回すと浮き上がり便器内に水が流れる仕組みになっています。

ボールタップが劣化すると、過剰に給水されオーバーフローした水が便器内に水漏れが発生。

フロートゴム玉が劣化するとゴムが溶け出し摩耗する事で、ピッタリと隙間を閉じられなくなり水漏れ発生へと繋がります。

どちらが原因の水漏れでも共通しているのが、【便器内の水面が揺れる】という症状です。

誰もトイレを使っていないのに、1日中水面が揺れている場合は水が漏れている可能性大。

さらに、症状が悪化すると”チョロチョロ”という音が聞こえてくるようになります。

基本的に水漏れは一度発生すると、どんどん悪化していく事がほとんどですので、水面が揺れているなと思ったら早めに業者にご相談ください。

『1つのパーツに不具合が発生し放置すると、他のパーツにも負荷がかかり故障箇所が増えてしまう恐れがあります。』

大分水道救急の担当より一言

今回は、お客様のご都合のよろしい日にお伺いしました。

点検、説明、ボールタップと給水管交換作業全て含め、施工時間は40分ほど。

無事に症状が治まり、お客様に喜んでいただけたので良かったです。

水のトラブルは『大分水道救急』にお任せください

トイレ・キッチン・お風呂など、水周りのトラブルは大分水道救急にお任せください。  

24時間365日対応! お電話一本で駆けつけます!

 

お電話口で『ブログを見た。』と言っていただけますと、今なら3,000円オフとなります。お見積りにご満足いただけなかった場合、1円も頂きません。