トイレがつまった!|流してしまった生理用品を除去し解決【大分県宇佐市の事例】

トイレがつまった!|流してしまった生理用品を除去し解決【大分県宇佐市の事例】

今回は、大分県宇佐市大字上拝田にお住まいのお客様より

『トイレに生理用品を流してしまったので、できれば今日中に来てもらえませんか?』

というご依頼をいただきました。

『この記事では、トイレつまりが発生したお客様の施工事例をご紹介します。』

状況|ナプキンを流してしまった

早速、つまりが発生しているトイレを拝見させていただきました。

便器内に排水が溜まり、水位が上がっている状況。

お客様から詳しくお話を伺ってみると、

『捨てようとした生理用品を、間違って流してしまったんです…』

という事でした。

『誤ってトイレに異物を流してしまうケースは、珍しい事ではありません。』

作業内容|便器を取り外し生理用品を除去

今回はトイレつまりの原因が”生理用品”という事が判明していますので、物理的に取り除く作業を行わせていただく事に。

これ以上奥に流れていかないよう、便器を取り外して異物を取り除いていく必要があります。

詰まっているトイレ

まずは、便器を取り外すため、便器内に溜まっている排水を汲み上げ除去。

 

生理用品が詰まったトイレ

便器を取り外すと、便器奥に生理用品が引っかかっている状態でした。

生理用品は吸水性があるため、水を吸ってパンパンに膨れ排水路を閉塞。

破れてしまわないよう、丁寧に取り除かせていただきました。

便器を元に戻し、排水テストを行って作業は全て完了です。

『詰まっていた生理用品を取り除いた事で、トイレ詰まりは無事に解消されました。』

注意点|トイレに異物を流したらレバーを回さない

トイレに異物を落として詰まらせてしまったというご相談は、実は結構多いんですよ。

  • 携帯電話
  • ボールペン
  • オモチャ
  • ハンカチ
  • トイレットペーパーの芯
  • 生理用品やオムツ

など、様々です。

小さい物であれば、流してしまえ!とレバーを回してしまう方もいらっしゃいます。

しかし、例えば爪楊枝のような小さくて細い物でも、排水管に流して横向きに引っかかってしまうと、そこにトイレットペーパーや排泄物がつまり排水管は簡単に閉塞してしまいます。

そのため、例え小さな爪楊枝やオモチャなどでも、レバーを回さず物理的に取り除くようにしてくださいね。

『異物を詰まらせてしまった時はスッポンの使用も厳禁。自分で取り除くのが難しい場合は業者にご相談ください。』

大分水道救急の担当より一言

お客様からご連絡をいただき、しっかりと準備を整えすぐに向かい1時間ほどで到着。

点検、説明、異物除去作業全て含め、施工時間は40分ほどでした。

無事に異物を取り除け、お客様が『良かったー!』と喜んでいらっしゃったので私も嬉しかったです。

水のトラブルは『大分水道救急』にお任せください

トイレ・キッチン・お風呂など、水周りのトラブルは大分水道救急にお任せください。  

24時間365日対応! お電話一本で駆けつけます!

 

お電話口で『ブログを見た。』と言っていただけますと、今なら3,000円オフとなります。お見積りにご満足いただけなかった場合、1円も頂きません。