トイレつまり修理|便器を取り外し詰まりを除去!【大分県中津市の事例】

トイレつまり修理|便器を取り外し詰まりを除去!【大分県中津市の事例】

※閲覧注意

この記事では、汚水等の画像を画像処理せずそのままご紹介しております。

汚水などが苦手な方はご覧になるのをお控えください。

今回は、大分県中津市山国町守実にお住まいのお客様より

『トイレがつまってしまったので、今日来ていただけませんか?』

というご依頼をいただきました。

『この記事では、トイレ詰まりが発生したお客様の施工事例をご紹介していきます。』

状況|汚水が溢れそうになった

早速、つまりが発生しているトイレを拝見させていただきました。

トイレ

便器内半分くらいの位置まで水位が上がっていて、排水が正常に行えていない状況。

お客様から詳しくお話を伺ってみると、

『トイレットペーパーを使ってトイレの床を掃除して、流そうとしたら水が溢れてきそうになったんです。』

という事でした。

『お客様は、トイレを掃除する時はトイレットペーパーを使う事が多いそうです。』

原因|トイレットペーパーの塊

トイレつまりの原因を特定するため、10分ほどお時間をいただき丁寧に点検を行わせていただきました。

点検を行った結果、排水口入り口付近に異物が詰まっている事が判明。

トイレットペーパー

お客様から伺った状況などから、トイレットペーパーの塊が詰まっていると判断いたしました。

『本来なら水でほぐれるトイレットペーパーですが、流し方によっては詰まってしまう事があります。』

作業内容|便器を取り外しトイレットペーパーの塊を除去

トイレ詰まりを解消させるため、便器を取り外しトイレットペーパーの塊を取り除く作業を行わせていただく事にしました。

排水ソケット

便器を取り外してみると、排水ソケット部分にトイレットペーパーの塊を発見。

塊を全て取り除かせていただきました。

便器を元に戻し、排水テストと水漏れ有無確認を行い作業は全て完了。

『詰まっていたトイレットペーパーを取り除いた事で、つまりは無事に解消されました。』

注意点|一度に大量のトイレットペーパーは流さない

トイレットペーパーは基本的にトイレに流してもOKな物です。

しかし、一般的なトイレットペーパーの半ロール程度の量でも、一度に流そうとすると簡単に詰まりが発生してしまいます。

特に、海外製のトイレットペーパーは日本国内で製造されているトイレットペーパーよりも水でほぐれにくい場合があるため、詰まりのリスクは高まります。

トイレットペーパーを取っている

一度に流しても良いトイレットペーパーの目安は、およそ5m。

さらに、必ず”大”のほうにレバーを回すようにしてください。

使用するトイレットペーパーの量が増えてしまいそうな時は、複数回に別けて流すようにしておくと安心です。

また、トイレが詰まってしまったからといって、何度もレバーを回してしまうのはNG。

無理に水を流し続けると、汚水が便器から床へ溢れてしまう事があります。

汚水の中には大腸菌などの細菌が含まれおり、床に溢れ出すと床材に細菌が染み込んでしまう恐れがあるため要注意⚠

トイレットペーパーが詰まってしまった場合、暫く時間を置いてトイレットペーパーがほぐれるのを待ってから、少しずつ様子を見ながら水を流すようにしてください。

軽度の詰まりであれば、ラバーカップ(すっぽん)も有効です。

『重度の詰まりが発生した場合は、私たち専門業者にご相談ください。』

大分水道救急の担当より一言

お客様からご連絡をいただき、しっかりと準備を整え向かい50分で到着。

施工時間は、点検、説明、トイレットペーパー除去作業全て含め、40分ほどでした。

無事に詰まりが解消され、これまで通りトイレをご使用になれるようになってお客様に喜んでいただけました♪

水のトラブルは『大分水道救急』にお任せください

トイレ・キッチン・お風呂など、水周りのトラブルは大分水道救急にお任せください。  

24時間365日対応! お電話一本で駆けつけます!

 

お電話口で『ブログを見た。』と言っていただけますと、今なら3,000円オフとなります。お見積りにご満足いただけなかった場合、1円も頂きません。