洗面台蛇口の水が止まらない!|破損したバルブカートリッジを交換し解決!【福岡県直方市の事例】

洗面台蛇口の水が止まらない!|破損したバルブカートリッジを交換し解決!【福岡県直方市の事例】

今回は、福岡県直方市感田にお住まいのお客様より

『洗面台の蛇口の水が止められなくなったんですけど、今日中に来て貰えますか?』

というご依頼をいただきました。

『この記事では、洗面水栓から水漏れが発生したお客様の施工事例をまとめました。』

状況|吐水口からスーッと水が漏れている

早速、水漏れが発生している洗面水栓を拝見させていただきました。

台付きのシングルレバー混合栓をご使用です。

ハンドルレバーは閉められた状態ですが、吐水口からスーッと水が漏れ続けている状況。

お客様から詳しくお話を伺ってみると、

『昨日、夜ここの水道を使っていたら急に水が止められなくなってしまったんです。』

という事でした。

『今回水漏れが発生した水栓は、18年ほどお使いだと仰っていました。』

原因|バルブカートリッジの破損

水漏れの原因を特定するため、10分ほどお時間をいただき丁寧に点検を行わせていただきました。

点検を行った結果、水栓内部の”バルブカートリッジ”というパーツが劣化し破損している事が判明。

バルブカートリッジとは?

ハンドルレバーと連動し、通水路の開閉を加減しているパーツ。

吐水量や湯温の調節を行う役割もしています。

今回は、経年劣化でバルブカートリッジが破損してしまった事が原因で、水が止められない状態になっていました。

『バルブカートリッジは、シングルレバー混合水栓の心臓部です』

作業内容|新しいバルブカートリッジと交換

洗面水栓からの水漏れを解消させるため、破損していたバルブカートリッジを新しい物と交換させていただく事に。

劣化したバルブカートリッジ

まずは、劣化により破損してしまったカートリッジを撤去。

 

新しいカートリッジ

そして、新しいバルブカートリッジを取り付けました。

 

シングルレバー水栓

ハンドルレバーを元に戻し、通水テストと水漏れの有無をしっかりと確認し作業は全て完了です。

『破損していたバルブカートリッジが新しくなった事で、無事に水漏れは解消されました。』

注意点|バルブカートリッジはDIYで交換可能?

洗面水栓の吐水口から水が漏れている場合、バルブカートリッジに何かしらの不具合が発生した可能性大。

業者に修理を依頼するより、自分で交換する方が当然費用を抑えられます。

そのため、DIYで交換したいと検討される方もいらっしゃいますよね。

結論から言うと、DIYでバルブカートリッジを交換する事は可能です。

バルブカートリッジは、ネットショップやホームセンターなどで販売されています。

直方市にあるホームセンターなどの一覧はこちら

(ネットショップは確実にメーカーなどの純正とは限らないため、正直あまりオススメはできません。)

ご使用になられている水栓に適合するバルブカートリッジを入手できたら、ハンドルレバーを取り外し交換すればOK。

しかし、使用年数の長い水栓は水道水に含まれているミネラル成分などによって、ネジなどが固着している事が多く、取り外すだけでも大変な作業になる事があります。

固着している水栓内部パーツを強引に外したりすると、水栓そのものの寿命を縮めてしまう恐れもありますので要注意。

『DIYにあまり慣れていない方は、業者に依頼される事をオススメします。』

福岡水道救急の担当より一言

お客様からご連絡いただき、待機していた私がすぐに向かい30分で到着。

点検、説明、バルブカートリッジ交換作業全て含め、施工時間は30分ほどでした。

短時間で作業を完了させる事ができ、お客様に喜んでいただけました。

水のトラブルは『福岡水道救急』にお任せください

トイレ・キッチン・お風呂など、水周りのトラブルは福岡水道救急にお任せください。

24時間365日対応! お電話一本で駆けつけます! 0120-012-599に電話を掛ける

お電話口で『ブログを見た。』と言っていただけますと、今なら3,000円オフとなります。お見積りにご満足いただけなかった場合、1円も頂きません。