キッチン水漏れ修理|蛇腹ホースを交換し解決!【福岡県直方市の事例】

キッチン水漏れ修理|蛇腹ホースを交換し解決!【福岡県直方市の事例】

今回は、福岡県直方市日吉町にお住まいのお客様より

『台所のシンク下に水が漏れているみたいなので、修理をお願いします。』

というご依頼をいただきました。

『この記事では、キッチンシンク下で水漏れが発生したお客様の、状況、原因、作業内容、注意点をご紹介します。』

状況|シンク下に水が漏れている

水漏れが発生しているキッチンシンク下を、早速拝見させていただきました。

シンクに水を流すと、排水ホース部分からじわーっと水が漏れてくる状態で、収納底部分にも水が広がっている状況。

お客様から詳しくお話を伺ってみると、

『シンク下はあまり使っていなくて…カビみたいな臭いがするから開けてみたら、水が漏れてたんです。』

という事で、いつから水が漏れていたのかは分からないと仰っていました。

『現在のご自宅には30年ほどお住まいで、キッチンで水漏れが発生したのは初めてだそうです。』

原因|蛇腹ホースに入った亀裂

水漏れの原因を特定するため、10分ほどお時間をいただき丁寧に点検を行わせていただきました。

点検を行った結果、蛇腹ホース(排水ホース)が経年により劣化し、亀裂が入っている事が判明。

蛇腹ホースに亀裂が入った事が原因で、シンクから水を流すとシンク下に水が漏れてきてしまう状態になっていました。

『シンク下収納部底にまで漏水が広がっていたため、少量ではありましたがカビも発生していました。』

作業内容|新しい蛇腹ホースと交換

水漏れを解消するため、破損している蛇腹ホースを新しい物と交換する作業をさせていただく事にしました。

キッチンシンク下

劣化し亀裂が生じた蛇腹ホースを撤去。

そして、新しいホースを取り付けさせていただきました。

排水テストを行い、接続部分から水漏れしていないかしっかりと確認し作業は全て完了です。

『蛇腹ホースが新しくなった事で、漏水は無事に解消されました。』

注意点|収納部に物をパンパンに詰め込まない

キッチンシンク下の収納部分は、調理器具や調味料などを収納できるためとても便利ですよね。

ですが、物をギュウギュウに詰め込んでいる方は要注意⚠

収納部に排水ホースがなければ大きな問題はありませんが、排水ホースに干渉するほど物を詰め込んでいると、排水ホースに物が当たり破損に繋がる恐れがあります。

また、蛇腹ホースは新品の時は柔軟性がありますが、経年とともに硬化。

固くなってくるとフライパンなどをぶつけただけで、ヒビが入ったり割れたりしてしまうケースも少なくありません。

蛇腹ホースが破損すると、当然水が漏れてしまいます。

そのため、収納部には排水ホースに当たらない程度で、適量を収納するようにしておくと安心です。

『収納部をあまり使用していない場合は、換気も兼ねて定期的に漏水していないかチェックしておくと良いですよ。』

福岡水道救急の担当より一言

お客様からご連絡をいただき、準備をしっかりと整えすぐに向かい30分で到着。

施工時間は、点検、説明、蛇腹ホース交換作業全て含め30分ほどでした。

シンク下への水漏れは酷いケースだと、床が腐食し貼り替えが必要になるケースもありますが、今回のお客様はホース交換のみで済んだので良かったです。

水のトラブルは『福岡水道救急』にお任せください

トイレ・キッチン・お風呂など、水周りのトラブルは福岡水道救急にお任せください。

24時間365日対応! お電話一本で駆けつけます! 0120-012-599に電話を掛ける

お電話口で『ブログを見た。』と言っていただけますと、今なら3,000円オフとなります。お見積りにご満足いただけなかった場合、1円も頂きません。