水道水漏れ修理|三角パッキンを交換し解決!【佐賀市兵庫南の事例】

水道水漏れ修理|三角パッキンを交換し解決!【佐賀市兵庫南の事例】

今回は、佐賀県佐賀市兵庫南の物件オーナー様より

『ゴミ捨て場の水道から水が漏れているので、修理をお願いします。』

というご依頼をいただきました。

『この記事では、屋外水栓から水漏れが発生したお客様の施工事例をご紹介します。』

状況|ハンドル下部からポタポタ水が漏れている

早速、水漏れが発生している水道を拝見させていただきました。

ゴミ捨て場に設置してある立水栓のハンドル下部から、水がポタポタと漏れている状況。

お客様から詳しくお話を伺ってみると、

『入居者さんの話では、2週間くらい前から水が漏れていたみたいなんですよね…』

という事でした。

『漏水が発生した水道は、恐らく20年くらい前に設置した物だと思う。と仰っていました。』

原因|三角パッキンの劣化

水漏れの原因を特定するため、10分ほどお時間をいただき丁寧に点検を行わせていただきました。

点検を行った結果、水栓内部にある三角パッキンが劣化している事が判明。

三角パッキンは、ハンドル下部にあるナット部分に収められているゴム製のパッキンで、ハンドル部分から水が漏れてくるのを防ぐ役割をしているパーツです。

今回は、三角パッキンが経年劣化により摩耗していて隙間が生じた事が原因で、ハンドル下部からポタポタと水が漏れてしまっている状態でした。

『ゴム製のパッキンは、使用年数が長くなってくると固くなってしまい破損しやすくなってきます。』

作業内容|パッキン交換

立水栓ハンドル下部からの水漏れを解消させるため、劣化し摩耗していた三角パッキンを交換する作業を行わせていただく事に。

立水栓

ハンドル部分を取り外し、内部にある三角パッキンを撤去。

(三角パッキンの写真を撮り忘れてしまいました…)

 

単水栓

新しい三角パッキンを取り付け、ハンドルを元に戻しました。

通水テストを行い、接続部分から水が漏れていないか確認して作業は全て完了です。

『三角パッキンが新しくなった事で、ハンドル下部からの水漏れは無事に解消いたしました。』

注意点|三角パッキンはDIYで交換できる?

水道設備には、接続部分の隙間を閉じるため、柔軟性のあるゴム製パッキンが沢山使用されています。

今回のお客様がご使用になられていた単水栓のパッキンなら、簡単に自分で交換できるんじゃないの?と考える方もいらっしゃるかと思います。

三角パッキンは、ホームセンターなどでも購入可能。

佐賀市にあるホームセンターなどの一覧はこちら

三角パッキン

DIYに慣れている方であれば、三角パッキンを交換する事もさほど難しくはないと思います。

しかし、単水栓で発生する水漏れは三角パッキンだけでなく

・スピンドル

・コマパッキン

・Uパッキン

・シールテープ

などが原因になっている事もあります。

漏水原因が分からない場合は、早めに専門業者に相談してみてくださいね。

『DIYに慣れていない方の場合は、水栓に傷を付けてしまう事もあるため要注意です。』

佐賀水道救急の担当より一言

お客様からご連絡をいただいてから、即日対応で1時間半で到着。

施工時間は、点検、説明、三角パッキン交換作業全て含め20分ほどでした。

お客様から『部品交換で済んで助かりました。』というお言葉をいただき、嬉しかったです。

水のトラブルは『佐賀水道救急』にお任せください

トイレ・キッチン・お風呂など、水周りのトラブルは佐賀水道救急にお任せください。  

24時間365日対応! お電話一本で駆けつけます!

 

お電話口で『ブログを見た。』と言っていただけますと、今なら3,000円オフとなります。お見積りにご満足いただけなかった場合、1円も頂きません。