トイレに化粧品を落とした!|便器を取り外し異物を除去!【大分県由布市の事例】

トイレに化粧品を落とした!|便器を取り外し異物を除去!【大分県由布市の事例】

今回は、大分県由布市湯布院町川上にお住まいのお客様より

『トイレに化粧品を落としてしまったんですけど、取ってもらえますか?』

というご依頼をいただきました。

『この記事では、トイレに異物を落としてしまったお客様の施工事例をご紹介します。』

状況|化粧品がポケットから落ちた

早速、問題のトイレを拝見させていただきました。

目視できる範囲に異物はなく、便器内の水位は正常通りで一見詰まりなどは発生していないように見える状況。

お客様から詳しくお話を伺ってみると、

『用を足して流した時に、ポケットからファンデーションが落ちてしまって…』

という事で、ご自身で取ろうと思ったそうですが手が届かなかったと仰っていました。

『ご自身では取る事ができなかったので、すぐに弊社にご連絡をくださったそうです。』

作業内容|便器を取り外しファンデーションを撤去

トイレに固形の異物を流してしまった際は、物理的に取り除く必要があります。

そのため、便器を一度取り外し、流してしまったファンデーションを取り除く作業を行わせていただく事に。

便器に異物が詰まっている

便器を取り外したところ、便器奥に引っかかっているファンデーションを発見。

 

詰まっていたファンデーション

引っかかっていたファンデーションを取り除き、便器を元に戻して排水テストを行い作業は全て完了です。

『異物を完全に撤去したので、これでまたこれまで通りトイレをご使用いただけます。』

注意点|異物を落としたらレバーは回さない!

基本的に、トイレに流して良いのはトイレットペーパーと排泄物だけ。

しかし、誤って異物を落としてしまうケースは決して珍しい事ではなく

  • 携帯電話
  • トイレットペーパーの芯
  • 検尿カップ
  • ボールペン
  • おもちゃ
  • 生理用品
  • おむつ

など、様々です。

先述した通り、固形の異物をトイレに流してしまった場合、物理的に除去しておかないと、最初は普通にトイレを流す事ができていたとしても、いずれ大きな詰まりが発生してしまう恐れがあります。

また、排水管で詰まりが発生すると、便器から遠くなればなるほど修理費用は高額になっていくため要注意。

そのため、異物を流してしまった時は、スッポン(ラバーカップ)の使用も厳禁です。

便器にゆっくり手を入れ、届く範囲にあるようであれば自力で取る事も可能。

汚水には大腸菌などの菌が混ざっていますので、便器に手を入れる際は必ずゴム手袋などを装着するようにしてください。

『トイレに手を入れるのに抵抗があったり、自力で取る事が難しい場合は我々プロにご相談ください。』

大分水道救急の担当より一言

お客様からご連絡をいただき、待機していた私がすぐに向かい50分で到着。

点検、説明、異物除去作業全て含め、施工時間は40分ほど。

無事にファンデーションを取り除け、『良かった〜!!』とお客様に喜んでいただく事ができました♪

水のトラブルは『大分水道救急』にお任せください

トイレ・キッチン・お風呂など、水周りのトラブルは大分水道救急にお任せください。  

24時間365日対応! お電話一本で駆けつけます!

 

お電話口で『ブログを見た。』と言っていただけますと、今なら3,000円オフとなります。お見積りにご満足いただけなかった場合、1円も頂きません。