トイレのつまり|すっぽんでも直らない!高圧ポンプで無事解決【福岡県飯塚市相田での事例】

トイレのつまり問題が発生した時に最初に思いつく対処法と言えば、誰もが知る”すっぽん”。正式名称をラガーカップと言います。

しかし、このすっぽんでつまりが直る可能性は50%程…(当社調べ)

まずはご家庭にあるすっぽんを試してみることをオススメしますが、すっぽんでつまりが取れなかった時は、無理をしないで専門業者の力を借りましょう。

素人が無理に圧力をかけてしまうと、汚水が逆上してきたり、便器や排水管に損傷を負わせていしまうことになりかねません。

 

この記事では、トイレのつまりをすっぽんで取れなかった時の専門業者の対処法をお伝えします。

  • トイレのつまりを”すっぽん”で対処できなかった場合のポイント
    ■力ずくで無理にスッポンスッポンしない
    ■『スッポン』で解決する可能性は50%
    ■下手にすっぽんすると逆上してきて溢れてしまう事もある
    ■自分で解決できない時は水道の専門業者に頼む

トイレがつまり、すっぽんでも解決しないとご連絡

今回のご依頼は、福岡県飯塚市相田の一軒家に住むお客様です。

電話の会話では、『トイレが詰まってしまって流せない状況で困っています。至急見に来てください。』とのことでした。

現状を詳しく聞くと、『”すっぽん”でつまりを取ろうとしたけど、ギリギリまで水が上がってきててしまって手を付けられない状況になってしまった。』

次にお客様がもよおしてしまったら、大変!!

一刻を争う深刻な状況です。

交通ルールの範囲内でアクセル全開の勢いで現場へ駆けつけました。

あいにく道が混んでいたこともあり、現場まで40分かかってしまいました。

【悲惨】トイレから汚水が溢れる寸前!!

早速、トイレのつまり状況を見せていただくとトイレの中の汚水が今にも溢れてきそうな状態でした。

汚水が溜まっている便器

これでは、誰もトイレをすることが出来ない悲惨な状況。

簡単な気持ちですっぽんしたら、あれよあれよと水が上がってきてしまい、ギリッギリのところで止まって安心したそうです。

過去の経験上、数分放置してたら水が引いて落ち着くはずが、いつまで経ってもギリギリ状態。

これはまずいとご依頼をしてきたそうです。

水溢れる

こうなっては手遅れですからね

高圧ポンプによる洗浄で無事に解決!

この手のトイレつまり問題はよくある事例です。

すっぽんでつまりが解決しない時は”高圧ポンプ”を使うのが専門業者の技です。

他の記事でも何度も紹介しているコレ↓です。

高圧ポンプが家庭に準備してある事はほとんど無いと思いますので、すっぽんでつまりが解決しなかった場合は水道の専門業者をお呼びください。

我々が即時に解決させていただきます。

こちらの高圧ポンプを使ったところ、約50分(現場確認?設置?撤収)でギリギリまで押し迫っていた水は何事もなかったかのようにサヨナラしていきました。

今回はトイレットペーパーなどを大量に流したことが原因だと思われます。

トイレのつまりもお客様の不安も流すことができるのは水道救急だけです

24時間かつ迅速対応でお客様にも喜ばれていますのでいつでもご連絡ください。

もちろん、何事もなくご依頼されないことがお客様にとっては幸せなことなんですけどね。

お電話を頂いて現場へ到着した時間:約40分

施工時間:50分

お客様の声

つまりが発生したのが夜だったので、とても困っていました。電話してから40分で来てもらえて夜のうちに解決できてとても助かりました。

 

トイレのつまりなどの水道トラブルでお困りの方は、遠慮なくお電話ください。

まずはご相談だけでも大歓迎です。

水のトラブルは『福岡水道救急』にお任せください

トイレ・キッチン・お風呂など、水周りのトラブルは福岡水道救急にお任せください。

 

24時間365日対応!
お電話一本で駆けつけます!

 

お電話口で『ブログを見た。』と言っていただけますと、今なら3,000円オフとなります。

お見積りにご満足いただけなかった場合、1円も頂きません。