グリストラップつまり修理|高圧洗浄でつまり解消!【福岡県田川郡の事例】

グリストラップつまり修理|高圧洗浄でつまり解消!【福岡県田川郡の事例】

今回は、福岡県田川郡川崎町の飲食店様より

『厨房のシンクに水が溜まって全然流れないので、今日中に来てもらえませんか?』

というご依頼をいただきました。

『今回は、グリストラップがつまった飲食店様の状況、原因、作業内容、注意点をまとめました。』

状況|シンク内に水が溜まって流れていかない

詰まりが発生している厨房シンクを、早速拝見させていただきました。

シンク内には洗いかけの調理器具が置いてあり、水が溜まって排水されていかない状況。

お客様から詳しくお話を伺うと

『昨日までは普通だったんですけど、今日になって突然詰まってしまって…』

という事でした。

『今日中には厨房が使えるようにならないと営業ができない!と、お困りのご様子でした。』

原因|排水管とグリストラップに汚れが詰まった

厨房シンクつまりの原因を特定するために、15分ほどお時間をいただき丁寧に点検を行わせていただきました。

点検を行った結果、シンク排水管からグリストラップ(グリーストラップ)にかけて油汚れが詰まっている事が原因で、シンクから水が流れなくなっている事が判明。

グリストラップとは?

シンクから流した、残飯や油、調理の際に出た生ゴミなどを一時的に溜めておき、直接下水に流れる事を防ぐための装置です。

飲食店の厨房などには設置が義務付けられていて、定期的に清掃を行う必要があります。

『グリストラップが汚れでつまってしまうと、キッチンシンクからの排水も流れなくなります。』

作業内容|高圧洗浄機で洗浄

厨房シンクつまりを解消させるため、グリストラップ内を高圧洗浄機で洗浄させていただく事にしました。

グリストラップだけではなく、排水管も同時に洗浄していきます。

こちら↑の動画のような作業を行っていきました。

グリストラップと排水管内につまっていた汚れを洗浄した結果、つまりは無事解消。

『通水テストを行い作業は完了。これで通常通りに厨房シンクをご使用になれます。』

注意点|グリストラップは月に1回清掃しよう!

飲食店に設置されているグリストラップには、油汚れだけではなく生ゴミや残飯が溜まっていくため、汚れが溜まっていくと詰まりだけではなく悪臭も発生します。

さらに、コバエやゴキブリなどの害虫、ネズミなどの害獣も発生するので要注意⚠

グリストラップ内のバスケット部分に溜まる生ゴミは、基本的に毎日捨てるようにします。

グリストラップ第2槽目部分には、油脂などが溜まりますので2〜3日に1回の頻度で処分するのが理想的です。

天ぷらを揚げている

油を多く取り扱う店舗の場合は、油脂でつまりやすいのでこまめに掃除をするようにしてください。

グリストラップ全体の清掃は最低でも月に1度は行うようにして、グリストラップに溜まった油脂などは産業廃棄物として処分するようにしましょう。

『さらに、専門業者による洗浄を定期的に受けておくと安心です。』

福岡水道救急の担当より一言

お客様からご連絡をいただき、即日対応で40分で到着し、点検、説明、洗浄作業全て含み2時間ほどで完了。

ギリギリ営業時間までに作業を終わらせる事ができ、お客様にも喜んでいただけたのでホッと一安心いたしました。

何かありましたら、またよろしくお願いいたします♪

水のトラブルは『福岡水道救急』にお任せください

トイレ・キッチン・お風呂など、水周りのトラブルは福岡水道救急にお任せください。

24時間365日対応! お電話一本で駆けつけます! 0120-012-599に電話を掛ける

お電話口で『ブログを見た。』と言っていただけますと、今なら3,000円オフとなります。 お見積りにご満足いただけなかった場合、1円も頂きません。