簡易水洗トイレの交換|DIYは可能?交換の目安は15年!

下水道の整備が不十分な地域にお住まいのご家庭で、多く使用されている”簡易水洗トイレ”

水道救急では、『新しい簡易水洗トイレと交換して欲しい』というご依頼を、多くいただきます。

今回は、簡易水洗トイレ交換をご検討中の方へ、交換目安、取り扱いメーカー、DIY交換についてご紹介していきます。

簡易水洗トイレとは?

簡易水洗トイレ(簡易水洗式便所)は、先述した通り下水道などの整備が不十分な地域で使用されている、汲み取り式のトイレです。

見た目は一般的な本水洗トイレに近いですが、トイレから流した排泄物はタンク(便槽)に溜まる仕組みになっているので、定期的に汲み取り業者に来てもらう必要があります。

メリット

下水道が整っていない地域で使用されている、ボットン便所(ボットントイレ)と比較すると、簡易水洗トイレは便器と便槽の間を、フラッパー弁などで遮断・密閉する事が可能。

そのため、便槽から立ち上ってくる臭いや、ハエなど虫の侵入を防ぐ事ができ、衛生的な面でも大変優れています。

また、一般的な洋式便器と同じ形状(洋式の場合)をしていて、座って用を足せるので、小さいお子様やお年寄りの使用も安心です。

簡易水洗トイレの洗浄方式は3種類

ペダルタイプ

便器の足元にあるペダルを踏むと、フラッパー弁がパカッと開き、便器内の排泄物が便槽に落ちていく洗浄方式。

レバータイプ

本水洗トイレを流す時と同じように、タンク横などに付いているレバーを回すと、便器内の排泄物が流れおちていく洗浄方式。

ピストルタイプ

水鉄砲のような形をしている洗浄ガンで、便器内を洗浄して排泄物を落とす洗浄方式。

ペダルタイプやレバータイプのトイレにも取り付け可能で、流しきれなかったり便器内に付着した排泄物を、強い水圧で洗い落とす事ができる。

 

その他にも、暖房便座やシャワートイレの取り付けが可能なタイプなどもあり、水洗トイレと使用感に大きな差が無い機種も増えてきているようです。

交換の目安は15年

使用頻度や使用環境によっても異なりますが、一般的には10年〜15年で不具合による交換を検討されるご家庭が多く、お手入れの仕方によっては、20年以上でも問題なくご使用になっているケースも。

便器が陶器製であれば、割れ、欠け、ヒビが生じていなければ、半永久的に使用する事ができますが、トイレタンク内部品、止水栓、給水管、便器とトイレの接続部分、などは経年により、様々な箇所にトラブルが発生しやすくなってきます。

また、簡易水洗トイレは、尿石が付着しやすいという特徴があります。

使用年数が長くなり、尿石が大量に付着した状態になると、便槽と便器の間を密閉している”フラッパー弁”の密着が悪化。

その影響で、溜り水が溜まりづらくなったり、便槽からの臭いが立ち上ってきたりする事も。

修理のみで済むケースも当然ありますが、長い目でみると便器本体を新しい物と交換するほうが、費用を安く抑えられるケースも多くあります。

15年以上使用した簡易水洗トイレで、水漏れが発生したり、悪臭を感じるようになったら、交換時期のサインです。

正しいお手入れ方法

簡易水洗トイレのフラッパー弁部分には、便槽に繋がっている穴を密閉するために、ゴムでできたパーツやパッキンなどが使われており、トイレ掃除をする際に注意するポイントがあります。

塩素系洗剤はNG

塩素系の洗剤は汚れを落とす力が強いため、ピカピカに掃除をする事ができますが、パッキンなどが変形する恐れがあり、頻繁に使用すると劣化が進み、水漏れに繋がる可能性も。

各洗浄剤も要注意

  • スタンプ型便器洗浄剤
  • タンクに入れるタイプの洗浄剤
  • 手洗い部分に置くタイプの香り付き洗浄剤

これらの洗浄剤も、成分によってはフラッパー部分を傷める原因になってしまうため、簡易水洗トイレの製造メーカーでも、使用を控えるように記載されています。

使うなら中性洗剤

洗剤を使って掃除する際は、中性洗剤(食器用洗剤もOK)を、使用するようにしておくと◎。

また、便器内に尿石が付着した場合、酸性洗剤を使わないと取り除くのが困難で、大量の尿石が付着した状態になると、フラッパー弁が密閉できなくなり水漏れに繋がる恐れがあります。

こまめに掃除を行い、尿石が付着しにくい状態をキープしておく事が、簡易水洗トイレを長く使用する上でのポイントです。

簡易水洗トイレ取り扱いメーカー7社紹介

現在、販売されいてる簡易水洗トイレと、取り扱いメーカーをご紹介していきます。

ちなみに、トイレといえば”TOTO”というイメージを持っている方もいらっしゃるかもしれませんが、TOTOは簡易水洗トイレの販売はしていません。

ダイワ化成

簡易水洗トイレ【ソフィアシリーズ】を販売。

レバーを手前に引くと排泄物が流される仕組みで、排泄物や水の重みでフラッパー弁が勝手に開く事がないため、健康状態のチェックも可能。

メンテナンス性も良く、もし途中で下水道を開通させ本水洗トイレに変更したくなった場合、対応機種であればオプションの切り替えパーツを取り付けるだけで、簡易水洗トイレを水洗トイレに変換する事ができます。

ダイワ化成の簡易水洗トイレはこちら

LIXIL

【トイレーナR】という、手洗栓付き簡易水洗トイレ。

傷や汚れに強く、フラッパー弁と溜水で立ち上ってくる嫌な臭いを遮断。

暖房便座や、シャワートイレの取り付けも可能です。

LIXILトイレーナRのカタログはこちら

アサヒ衛陶株式会社

手洗栓有り無しが選べるタンク式と、限られたスペースにも適しているタンクレス式の、2種類を販売。

※簡易水洗小便器の取り扱いもあります。

水や排泄物の重みでフラッパー弁が開き、少量の水でしっかり流す事が可能。

シンプルな構造で、故障の少ない設計になっています。

アサヒ衛陶株式会社の簡易水洗トイレはこちら

ジャニス工業

簡易水洗便器【ジャレット】を販売。

白色とピンクの2色から選べます。※ピンクは受注生産

ジャニス工業の簡易水洗便器はこちら

積水ホームテクノ

【セキスイリブレット】という商品名で販売。

便器は全機種陶器製で、オプションで暖房便座設置可能。

セキスイリブレットのカタログはこちら

ネポン

【パールトイレ】と、【プリティーナ】【プリティーナシャワー】を販売中で、プリティーナシャワーは名前の通り温水洗浄便座となります。

パールトイレは、専用洗剤を使用すると、便器内を泡のパワーで洗浄し清潔な状態を保ってくれます。

ちなみに、プリティーナの一部商品は、アサヒ衛陶株式会社からのOEM供給で販売。

ネポンの簡易水洗トイレ総合カタログはこちら

ロンシール機器株式会社

【ロンクリーン】という、簡易水洗トイレを販売。

簡易水洗トイレを設置後に、本水洗トイレに変更したくなった場合、専用パーツを取り付ければ水洗トイレに変換できます。

ロンクリーンの商品紹介はこちら

DIYで交換できる?費用は?

古くなった簡易水洗トイレを、自分で交換する事は、結論から言うと【可能】です。

簡易水洗トイレの本体は、大きいホームセンターなどであれば、販売されている事もあります。

福岡市にあるホームセンターなどの一覧はこちら

配管などの知識が、ある程度あれば、自分で交換する事も不可能ではありません。

しかし、便器が陶器でできている場合40kg前後重さがあるため、女性や力の弱い方が一人で作業を行う事は難しく、あまりオススメできません。

こちらの動画では、簡易水洗トイレを交換する時のポイントなどが、紹介されています。

費用の目安

簡易水洗トイレ本体は、ピンキリではありますが、55,000円前後〜販売されています。

ご自宅が『自己所有』の方は、自分で便器を購入しDIYチャレンジされるのも良いかもしれませんが、推奨はできません

DIYでの交換が推奨できない理由としては、

  • ノコギリ
  • 電動ドライバー
  • モンキーレンチ
  • コンクリート用ドリル(不要な場合もあり)
  • コーキング材

など、専門工具や材料が別途必要になるという点と、「水」を扱う場所に関してのDIYは、商品の寿命や回りに接続する床や配管等、ついては建物の寿命すら変えてしまう可能性もあるからです。

また、簡易水洗トイレ各メーカーも専門業者による設置を推奨しており、ご自分で設置した場合、「商品」と「工事」が別になるため「工事(施工)保証」が付きません。

建物に付随する商品を設置の際には、「商品」と「施工(工事)」は同じ所で購入する事をおススメします。

まとめ

簡易水洗トイレは日々進化していて、最近ではパッと見ただけでは、水栓トイレと大差ない物も多く、暖房便座やシャワートイレの取り付けも可能になっています。

暖房便座は、寒冷地にお住まいの方に。

シャワートイレは、お尻がデリケートな方などにも最適です。

DIYで簡易水洗トイレを交換する場合は、ポイントをしっかり押さえれば、さほど難しくはありません。

しかし、交換に関しては全て自己責任となりますので、自信がない方は業者に一度ご相談してみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA