トイレや蛇口の水漏れ放置|水道代はどのくらい上がるの?【福岡市の場合】

水漏れが発生した際には、放置しないですぐにに対処したほうが良いですよ。

そんな事は言われなくてもわかっているとは思いますが、軽い水漏れ程度なら意外と見て見ぬ振りして過ごしてしまうこともありませんでしたか?

この記事では、『水漏れした時に放置をしてしまった場合の水道代はいくら上がる?』について、福岡の水道料金を元にお伝えします。

 

福岡の水道料金のシステム

水道代のイメージ

福岡市水道局より引用

福岡市の水道料金の仕組みは、上記のように設定されています。(同じ県内でも市や町によって料金は異なる場合があります。)

福岡県には大きなダムが無く水不足渇水問題があったため、県民に節水の意識を持ってもらうために、水の使用量が増えれば増えるほどに段階的に水道料金が高くなっていくシステムになっています。

そして福岡県では水道だけではなくさらに下水道代もかかり、その額は水道代とほぼ同額になります。

水道メーター口径の一般家庭の平均の大きさは20mmなので、上の表にも記載されているように基本料金は2,660円が平均的な金額となります。

福岡県ではこの基本料金に加え、従量使用量、下水道代が加算されて請求されます。

さらに先程も説明したように、水道を使えば使うほど従量使用量が高くなっていく仕組みになっているので、なにも考えずに水を使いまくっていると数万円の請求が来てしまうという事もあるようです。

そのため、福岡県に他県から移住してきた人は水道代の高さに驚く事も少なくないそうです。

蛇口からの水漏れの量について

蛇口からの水漏れと言っても、状況により水の使用量が異なります。

それぞれの状況毎に観て観ましょう。

ポタッ…ポタッ…と落ちる水は1日でどれくらいの量なのか?

蛇口の先端からポタッ…ポタッ…と水漏れしている状態で、1日に約10リットル(0.01㎥)水が漏れている事になります。

ポタッ…ポタッ…くらいだと凄く少なく感じるかもしれませんが、1日に2リットルのペットボトルで5本分が水漏れしていると考えると、結構な量が漏れているということが分かるかと思います。

ポタ、ポタと落ちる水は1日でどれくらいの量なのか?

ポタポタと水が蛇口の先端から落ちている状態だと、1日で約30リットル(0.03㎥)の水が漏れてしまいます。

こちらも2リットルのペットボトルで表すと、1日に15本分もの水が漏れているという事になります。

スーッと落ちる水は1日でどれくらいの量なのか?

スーっと水が常に出続けている状態になると、1日に約300リットル(0.3㎥)の水が漏れている状態になります。

2リットルのペットボトルでいうと150本分にもなるので、かなりの量が漏れているという事が分かりますよね。

水漏れで1ヶ月の水道代はどれくらい上がる?

4人家族で水を使用されている場合、一カ月の水の使用量は約30~40m3です。

生活用水使用量を給水人口で除した一人一日平均使用量(都市活動用水を含む)は,平成17
年において有効水量ベースで307ℓ/人・日(前年比2.2%減)で,近年ほぼ横ばい傾向にある

引用:国土交通省【水資源の利用状況】より

国土交通省による利用状況を参考に、4人家族の水の使用量を基準にした場合

307L×4人家族×30.8日=37,822リットル(37.8m3)

水の従量料金は、家事用 第二段階の 243円/m3でそれぞれ計算致します。

『ポタッ…ポタッ…』の水漏れで加算される水道料金【福岡市】

ポタッ…ポタッ…という水漏れの場合、1日に約10リットル(0.01㎥)の水が漏れていて1ヶ月31日で計算すると310リットル(0.31㎥)の水が漏れる事になるので、福岡県は使用量によって水道料が異なりますが、この水漏れによって生じる水道料金は約75.3円(税抜き)となります。

 

『ポタ、ポタ』の水漏れで加算される水道料金【福岡市】

ポタポタとした水漏れの場合1日に約30リットル(0.03㎥)の水が漏れていて、1ヶ月で考えると930リットル(0.93㎥)の水が漏れている事になるので、1番安い水道料金で計算しても1ヶ月で約226円(税抜き)となります。

 

『スーッ』の水漏れで加算される水道料金【福岡市】

スーッと水が出続けているタイプの水漏れの場合、1日で漏れる量は300リットル(0.3㎥)。

1ヶ月で9300リットル(9.3㎥)もの水が流れ続けている事になり、水道料金は約2260円(税抜き)となります。

【注意!】トイレの水漏れで加算される水道料金

蛇口の水漏れの場合、音が耳に入ったり『雫が落ちる状況を目にする』ので、早い段階でお問い合わせを頂く事が多いのですが

トイレの水漏れの場合、あまり気になる場所ではない事もあり2ヵ月分水道料金の請求額が、万を越えて請求されお気づきになるお客様もいらっしゃいます。

老朽化の進んだトイレは、部材の劣化により水漏れがしやすい状況ですので注意が必要です。

 

水漏れが発生した場合の対処法

自分で直す場合

工具を持っている手

水漏れの場合故障してしまった部品がホームセンターなどで購入できるものであれば、自分で修理をして故障箇所を直す事も可能です。

しかし、その場合しっかりとした知識がないと水漏れがさらに悪化してしまうケースも少なくありません。

さらには工具類も一式揃えるとなると、結構な金額になってしまい手間もかかります。

水道の水漏れを自分で修理することは、DIYが好きだったり得意な方には向いていると思います。

水道業者に依頼する場合

水道を指差ししている男性

水道業者に依頼をすると、当然費用がかかります。

しかし1日で修理が完了する場合が多く、何よりも原因をしっかりと把握したうえで修理をしてもらえるので、水漏れが悪化するような心配がなく安心する事ができます。

まとめ

水道の水漏れは最初は少量から始まり、どんどんと悪化していくケースがほとんどです。

水が漏れている状況が続くと今回ご紹介してきたように、水道代にも影響してきてしまいます。

また、今回は全て1番安い料金での計算を行いましたが、普段の水道の使用量によってはさらに高額になる事もあります。

福岡県ではある一定の水道使用量を超えると、急激に水道料が跳ね上がるシステムになっていますので、特に注意が必要です。

水漏れが酷くなる前に、何かしらの対処を行う事をオススメいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA