浴室蛇口の水漏れ修理|切換弁の交換作業【福岡県田川市の対応事例】

今回は、福岡県田川市にお住まいのお客様より

『浴室蛇口の調子が悪いみたいで、水漏れしているので修理してもらえますか?』

というご依頼をいただきました。

『承知いたしました、私が到着するまで止水栓を閉めてお待ちください。準備を整え次第すぐにお伺いいたします。』

(追記:2021/4/5)

状況|蛇口根元付近から水が漏れている

早速、問題の浴室蛇口を拝見させていただいたところ、止水栓を開くと蛇口の根元付近からポタポタと水が漏れてきてしまう状態になっていました。

さらに、お客様から詳しくお話を伺うと

『家族が多くて浴室を使う頻度が高いせいか、蛇口から水が漏れて浴室の床が濡れていても誰も気にしなかったし、いつから水漏れしていたのか正直わからないんですよね。』

との事でした。

『今回のお客様のようにご家族が多いご家庭の場合は特に、浴室に水分のある状態が長く続くため、浴室内で水漏れが発生しても気付くのが遅くなってしまう事も珍しくはありません。』

原因|切換弁の劣化

今回のお客様の浴室蛇口からの水漏れの原因を特定するために、15分ほどお時間をいただき丁寧に点検を行わせていただきました。

点検を行った結果、シャワーとカラン(蛇口からの吐水)を切り替える役割のある【切換弁】というパーツが経年劣化を起こしていることが判明しました。

『切換弁が劣化すると水漏れが発生してしまったり、シャワーとカランの切り替えができなくなったり、状態が悪化すると水を止める事ができなくなってしまうケースもあります。』

作業内容|切換弁の交換

今回の水漏れの原因であった【切換弁の劣化】の状態を、お客様に説明させていただきご了承をいただいてから、劣化している切換弁を新しい切換弁と交換する作業を行わせていただきました。

切換弁が新しくなった事で水がきちんと止まるようになり、問題の水漏れも無事解消し、水漏れの有無と、吐水テストを行い作業は完了いたしました。

点検やお客様へのご説明、切換弁の交換作業全て含め施工時間は合計40分でした。

お客様に喜んでいただけたので、安心いたしました。

『福岡水道救急では、一般的な水回りに使用されているパーツ類を常時準備しておりますので、即日修理を行う事が可能です。』

注意点|浴室蛇口から水漏れが発生した時の対処法

基本的に水回りに使用さているパーツ類や蛇口本体などは、施工から10年前後で劣化し不具合が発生しやすくなります。

浴室で水漏れが発生した場合、入浴した際に浴室の床が濡れていても不自然ではないため水漏れに気づけない事も多く、気づいたとしてもすぐに生活に支障をきたす場所ではないので、修理を先延ばしにしてしまう事もあるかと思います。

しかし、浴室に常に水分がある状態だとカビの発生にもつながりますし、蛇口内のパーツが1つ故障してしまうと他のパーツにも負荷がかかる事で故障箇所が増え、蛇口本体を交換しなければいけなくなってしまうケースもあるため、早めに対処する事がとても大切です。

水漏れは例え少量であったとしても常時水が漏れている状態だと、水道代にも影響が出るので放置しておく事はオススメできません。

『すぐに修理を行えない場合、入浴時以外は止水栓を閉めるなどして応急処置をしておくと良いですよ。』

福岡水道救急の担当より一言

今回のお客様はご家族が多く浴室の使用頻度が高い事と、現在のお宅は15年以上お住まいという事で『蛇口本体の交換も覚悟していた。』と仰っていましたが、水漏れに気づいてすぐにご連絡をいただけたので、切換弁の交換だけで修理を行う事ができました。

また、切換弁の交換作業もその場で即日対応できたので、お客様に喜んでいただけて私も嬉しかったです。

福岡水道救急は【水道局指定店】で、お客様には水回りのトラブルに適切な対処法をご提案させていただいておりますので、安心してお気軽にお問い合わせください。

水のトラブルは『福岡水道救急』にお任せください

トイレ・キッチン・お風呂など、水周りのトラブルは福岡水道救急にお任せください。

24時間365日対応! お電話一本で駆けつけます! 0120-554-912に電話を掛ける

お電話口で『ブログを見た。』と言っていただけますと、今なら3,000円オフとなります。 お見積りにご満足いただけなかった場合、1円も頂きません。