キッチン水栓水漏れ修理|新しい蛇口に交換し解決!【福岡県朝倉郡東峰村の事例】

今回は、福岡県朝倉郡東峰村宝珠山にお住まいのお客様より

『台所の蛇口から水が漏れてるんですけど、修理お願いできますか?』

というご依頼をいただきました。

『この記事では、キッチン水栓から水漏れが発生したお客様の施工事例をご紹介します。』

状況|蛇口先端からポタポタ水が漏れている

早速、水が漏れているキッチン水栓を拝見させていただきました。

シングルレバー混合水栓をご使用で、レバーは閉じられた状態ですが、蛇口先端(吐水口)からポタポタと水が漏れてしまっている状況。

お客様から詳しくお話を伺ってみると、

『2週間くらい前から水が漏れるようになって、だんだん漏れる水の量が増えてきていて…』

という事でした。

『今回水漏れが発生した水栓は、17年ほどご使用の物だと仰っていました。』

原因|バルブカートリッジの経年劣化

キッチン水栓水漏れの原因を特定するため、10分ほどお時間をいただき丁寧に点検を行わせていただきました。

点検を行った結果、水栓内部の”バルブカートリッジ”というパーツが、経年により劣化している事が判明。

バルブカートリッジとは?

通水路の開閉を加減し、吐水量やお湯の温度を調節する役割をしているパーツ。

今回はバルブカートリッジが経年により劣化した事が原因で、通水路に隙間が生じ水がポタポタと漏れてしまっている状態でした。

『バルブカートリッジは、シングルレバー混合栓の心臓部パーツになります。』

作業内容|新しい水栓に交換

キッチン水栓からの水漏れを解消するため、劣化したバルブカートリッジ交換での修理対応も可能。

しかし、ご使用年数も長く水栓全体で劣化が進んでいたため、水栓交換をご提案させていただきました。

ご予算なども含めご相談した上で、ご了承をいただけましたので新しい水栓と交換させていただく事に。

まずは、劣化が進んだ水栓を撤去。

そして、新しいシングルレバー混合栓を取り付けさせていただきました。

通水テストと水漏れ有無などをしっかりと確認し、作業は全て完了です。

『劣化した水栓が新しくなった事で、水漏れは無事に解消しました。』

注意点|蛇口の寿命が15年

国税庁によると、蛇口(給排水・衛生設備)の寿命は15年とされています。

耐用年数

引用元:国税庁 耐用年数(建物/建物附属設備)

これはあくまで目安で、15年経過したら必ず壊れてしまうという訳ではありません。

使用年数が15年未満の物でも、使用頻度や設置環境などによっては7〜8年で壊れてしまう事も。

15年を経過した水栓は、経年劣化によるトラブルなどが発生しやすくなってきてしまいます。

故障する度に修理をしていると、トータルで費用が高額になってしまう場合も少なくありません。

そのため、不具合が発生した場合はパーツ交換で修理を行うよりも、水栓本体を交換してしまった方が長い目でみると費用を抑える事に繋がります。

『ご予算などに合わせて、修理を行うか交換をするか業者にご相談くださいね。』

福岡水道救急の担当より一言

今回は、お客様のご都合のよろしい日にお伺いしました。

点検、説明、シングルレバー混合水栓交換作業全て含め、施工時間は40分ほど。

作業が終わると、お客様からサイダーを差し入れでいただき帰り道で美味しくいただきました。

水のトラブルは『福岡水道救急』にお任せください

トイレ・キッチン・お風呂など、水周りのトラブルは福岡水道救急にお任せください。

24時間365日対応! お電話一本で駆けつけます! 0120-012-599に電話を掛ける

お電話口で『ブログを見た。』と言っていただけますと、今なら3,000円オフとなります。お見積りにご満足いただけなかった場合、1円も頂きません。