洗濯水栓水漏れ修理|新しい水栓に交換し解決!【福岡市東区の事例】

洗濯水栓水漏れ修理|新しい水栓に交換し解決!【福岡市東区の事例】

今回は、福岡県福岡市東区名子にお住まいのお客様より

『洗濯機の蛇口から水が漏れているので、修理お願いできますか?』

というご依頼をいただきました。

『この記事では、洗濯機水栓から水漏れが発生したお客様の施工事例をご紹介します。』

状況|ハンドル下部からジワジワ水が漏れている

早速、水漏れが発生している洗濯機水栓を拝見させていただきました。

ハンドル下部からジワジワと水が漏れ出てきている状況で、長年のご使用でハンドル部分は固着している状況。

お客様から詳しくお話を伺ってみると、

『半年くらい前から徐々に水が漏れるようになって、最近酷くなってきてしまって…』

という事でした。

『今回水漏れが発生した水栓は、20年以上ご使用だと仰っていました。』

原因|三角パッキンの劣化

洗濯水栓水漏れの原因を特定するため、10分ほどお時間をいただき丁寧に点検させていただきました。

点検を行った結果、水栓内部の三角パッキンというパーツが経年により劣化している事が判明。

三角パッキンはハンドル下部にあるカバーナット部分に入っているパーツで、接続部分から水が漏れるのを防ぐ役割をしています。

今回は、三角パッキンが劣化した事が原因で隙間が生じ、ジワジワと水が漏れてしまっている状態でした。

『三角パッキンはゴム製のため、劣化が進むと溶けたり割れたりしてしまいます。』

作業内容|新しい水栓に交換

洗濯機水栓は、劣化したパッキンを交換すれば今回の水漏れは解消させる事が可能。

しかし、水栓全体で劣化が進みハンドル部分の固着もあったため、新しい水栓との交換をご提案させていただきました。

ご予算なども含めご相談させていただいた結果、ご了承をいただきましたので水栓交換作業を行う事に。

洗濯水栓

まずは、劣化した水栓を撤去。

 

新しい洗濯水栓

そして、新しい水栓を設置。

今回設置した水栓は、”緊急止水弁”付きタイプの物になりますので、万が一給水ホースが外れてしまっても安心です。

通水テスト、接続部からの水漏れ有無を確認し作業は全て完了。

『水栓が新しくなり、水漏れは無事に解消されました。』

注意点|洗濯機を使用していない時は蛇口を閉めよう

洗濯が終わったら、洗濯機用水栓の蛇口はきちんと閉めていますか?

洗濯機の蛇口は24時間365日開きっぱなしにしているという方も、少なくありません。

しかーし!!

洗濯機の蛇口は使用していない時は、閉めておくのが理想的。

蛇口を開きっぱなしにしていると、給水ホースなどに負荷がかかり劣化を早めてしまう可能性大。

さらに、緊急止水弁付きの蛇口ではない場合、地震や衝撃などにより洗濯機が倒れたり、給水ホースが外れてしまった場合、蛇口を開きっぱなしにしていると周囲が水浸しになってしまう恐れがあります。

給水ホースや蛇口本体の劣化を早めないためにも、万が一のハプニングで大惨事にならないためにも、蛇口は閉める習慣をつけておくのがお勧めです。

『蛇口を閉めるのを忘れがちな方は、旅行などに行く時だけでも閉めるようにしてくださいね。』

福岡水道救急の担当より一言

今回はお客様のご都合のよろしい日にお伺いしました。

点検、説明、水栓交換作業全て含め、施工時間は30分ほど。

緊急止水弁付きの水栓になり、お客様が喜んでいらっしゃったので私も嬉しかったです。

水のトラブルは『福岡水道救急』にお任せください

トイレ・キッチン・お風呂など、水周りのトラブルは福岡水道救急にお任せください。

24時間365日対応! お電話一本で駆けつけます! 0120-012-599に電話を掛ける

お電話口で『ブログを見た。』と言っていただけますと、今なら3,000円オフとなります。お見積りにご満足いただけなかった場合、1円も頂きません。