トイレに物を流す|スッポンはNG?!【福岡市東区の事例】

今回は、福岡市東区にお住まいのお客様よりトイレに物を流してしまい、つまったとの事でご依頼を頂きました。

トイレの近くに物を置いていなくとも、お子様がいらっしゃるご家庭では食べ物・置物・衣類や、おもちゃなどなど、お問い合わせの内容も様々です。

トイレに物を流してしまった場合の状況や注意点などまとめました。

状況|物を流したトイレ

早速、物を流してしまったというトイレを拝見させていただくと、完全に詰まっており汚水が便器のギリギリまで溜まっている状態になっていました。

このように完全に詰まっている場合は、『試しに少し流してみよう・・・』と心理として働きますが、絶対に流さないでください。

想像が付きますよねw、溢れます。

今回の場合、物を落としてしまった事がトイレつまりの原因だという事がわかっていたので、高圧ポンプの使用は控える事にしました。

トイレに物を流した時の注意点|スッポンはNG!?

今回のトイレのつまりを解消させる為に、高圧ポンプを使用しませんでした。

高圧ポンプはトイレにつまった物を、押したり吸ったりする機械です。

今回の場合、この高圧ポンプを使用すると、落としてしまった物を更に奥へと押し込んでしまう可能性があります。

奥へ入り込んでしまうと、つまりを取る事が更に困難になってしまうのです。

もし何かトイレに物を流してしまった時に、自力で取り出そうとしてご家庭にあるスッポン(ラバーカップ)を使用する時にも同じく悪化させる可能性があります。

トイレに物を流してしまった時に、スッポンを使用するのは絶対にNG行為ですので、覚えておきましょう。

作業内容|トイレの脱着で落とし物を救出

トイレの便器を取り外してみると、便器のギリギリの位置に落とした物が引っかかっていて、無事に取り除く事ができました。

これがもう少し奥まで流れていたら、配管に落ちてしまい、取り除くのが大変になっていたと思います。

福岡水道救急の担当者から一言

お子様が興味本位で物を流してしまうなど、案外トイレに何か物を流してしまう事はよくあります。

トイレに物を流した場合、スッポンで無理に取り出そうとするのは危険です。自力で取るにも大変な作業になると思います。

そんな時は、私達専門業者にお任せください。24時間いつでもご連絡をお待ちしております。

無事つまりもなくなり、お客様にも喜んでいただけたので本当に良かったです。

読んで下さりありがとう御座いました。

お電話を頂いて現場へ到着した時間:40分

施工時間:1時間30分

水のトラブルは『福岡水道救急』にお任せください

トイレ・キッチン・お風呂など、水周りのトラブルは福岡水道救急にお任せください。

24時間365日対応! お電話一本で駆けつけます! 0120-554-912に電話を掛ける

お電話口で『ブログを見た。』と言っていただけますと、今なら3,000円オフとなります。 お見積りにご満足いただけなかった場合、1円も頂きません。