トイレつまり修理|高圧ポンプで押し流し解決!【福岡県大野城市の事例】

トイレつまり修理|高圧ポンプで押し流し解決!【福岡県大野城市の事例】

今回は、福岡県大野城市中央にお住まいのお客様より

『トイレがつまってしまったので、できれば今日中に来ていただきたいのですが。』

というご依頼をいただきました。

『今回は、トイレ詰まりが発生したお客様の状況、原因、作業内容、注意点をご紹介します。』

状況|トイレの水が流れていかない

早速、つまりが発生しているトイレを拝見させていただきました。

通常よりも便器内の水位が上がり、排水スピードが遅くなっている状況。

お客様から詳しくお話を伺ってみると、

『廊下に水をこぼして、トイレットペーパーで拭いて流した後から変になってしまって…。』

という事でした。

『現在のご自宅は10年ほどお住まいで、このようなトラブルは初めてだそうで驚いていらっしゃいました。』

原因|大量に流したトイレットペーパー

トイレ詰まりの原因を特定するため、10分ほどお時間をいただき丁寧に点検を行わせていただきました。

トイレットペーパー

点検を行った結果と、お客様からお話を伺った結果、大量に流したトイレットペーパーが詰まっていると判断。

1ロールの半分程度を一度にまとめて流してしまったとの事でしたので、排水管内で詰まってしまったようです。

『トイレットペーパーは水にほぐれやすい性質ですが、一度に流す量が多いと詰まってしまうケースがあります。』

作業内容|高圧ポンプで押し流し

トイレに詰まっているトイレットペーパーを取り除くため、高圧ポンプを使用し押し流す作業を行う事にしました。

高圧ポンプで押し流している

高圧ポンプの強力な水圧で押し流したところ、2回目で通管。

 

トイレを流したところ

排水管の途中でトイレットペーパーがつまらないよう水をしっかりと流し、作業は全て完了です。

『詰まっていたトイレットペーパーを押し流した事で、勢いよく水が流れるようになりました。』

注意点|一度に流して良いトイレットペーパーは5m

トイレットペーパーは、基本的にトイレに流してもOKな物です。

しかし、一度に流す量には注意が必要。

一度に流しても良い量の一般的な目安は、5m前後。

これは、ご使用のトイレットペーパーやトイレによっても異なります。

日本で製造されているトイレットペーパーは、【水に浸して100秒以内にほぐれる】というJIS(日本産業規格)の基準をクリアした物だけが販売されています。

海外製のトイレットペーパーをご使用の場合は、水にほぐれにくい物もあるため要注意。

また、節水トイレを使っているご家庭でも、一度に流すトイレットペーパーが多すぎると詰まってしまう可能性が高まります。

排泄をした際など一度に流す量が多くなりそうな時は、数回にわけて流すようにするのがオススメです。

『異物を流してしまった場合は、レバーを何度も回す行為は絶対に止めてすぐに業者にご相談ください。』

福岡水道救急の担当より一言

お客様からご連絡をいただき、即日対応で1時間で到着。

施工時間は、点検、説明、高圧ポンプによる押し流し作業全て含め20分ほどでした。

汚水が溢れてきそうで怖くてレバーを回せなかったと仰っていたので、無事に詰まりが解消でき良かったです。

水のトラブルは『福岡水道救急』にお任せください

トイレ・キッチン・お風呂など、水周りのトラブルは福岡水道救急にお任せください。

24時間365日対応! お電話一本で駆けつけます! 0120-012-599に電話を掛ける

お電話口で『ブログを見た。』と言っていただけますと、今なら3,000円オフとなります。 お見積りにご満足いただけなかった場合、1円も頂きません。